Diario di SARUMI

主に旅行記です。
たま~にブログ更新!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【4日目】 バルセロナ観光

2014-07-15 | スペイン&イタリア旅行記(2014)

今朝も起きたのが遅くて、身支度してすぐに出かける。
8時半予約のグエル公園、間に合うか

地下鉄3号線でレセップス駅まで。そこから徒歩15分なのだが、地上に出てすぐに道に迷う。
というのも、このあたりは詳細な地図がガイドブックに出ておらず、通り名も地図に載ってないから。。。
いつもの私なら、そこは抜かりなくgoogleの地図をしっかりプリントアウトして持参していただろうが、仕事が忙しくなってそこまで気が回らず。。。しまったー
というわけで、ここで妹がスマホのGPS機能を活用させる。
しかしこれが曲者で、えらい道を歩かされててしまい、結論から言うと遠回りさせられた。
グエル公園は、私たちの降りたレセップス駅と、一駅先のバイカルカ駅、どちらからも徒歩15分。
レセップス駅を選んだのは、バイカルカ駅より一つ手前であったこと、そして地図で見ると、右に進んで途中から上に行って、正面から入るという比較的簡単な道順であったから。バイカルカ駅からの道は、地図で見る限りくねくねした道を行ってグエル公園の横から入るという複雑感があり避けたのに、このGPS機能を使うと、レセップス駅からバイカルカ駅方向に歩かされ、くねくねした道を通らされた。しかも坂の勾配が昨日のアルハンブラ宮殿の坂道に匹敵するしんどさ。機械は完ぺきではないということやね。

 私たちが歩いた坂道(苦笑)

遠回りしたのもあるが、予約時間を30分以上過ぎて到着。
時間に正確な日本人であるはすがルーズな日本人になってます、この旅での私たちは・・・
30分の超過で入場できないかもとドキドキで入口に行ったけどスルーでした。
着いたのが9時過ぎ。朝が早いのか、ここも事前にキャッチした情報とは違い全然空いてる。やはり予約要らなくないか?
これも帰国後、同時期にスペイン旅行した会社の人に聞くと、彼らはツアーで日中に行ったからか、スゴイ混んでたとのこと。
まだ日が昇り切ってないのか、天気はいいはずがそんなに明るくなく、撮った写真もいまいま。せっかくのガウディの作品も少し寂しげに見えるような…。




有名なトカゲさん♪

昨日のアルハンブラでの疲れ、そしてここまでの道のりで私も妹も足が相当きていて(私の場合、足裏が靴擦れてきた)、公園でだいぶゆっくりさせてもらった。

見学後、最後にお土産物屋さんを覗いてから、帰りはレセップス駅に着くよう、正面から出て歩いていく。念のため、またGPS機能をオンにしてもらい進むと、今度は思ってた道のりで駅にたどり着いた。

当初、グエル公園見学した後、近くで朝食食べる予定だったけど周りに店という店がなく、次の目的地であるサグラダ・ファミリア近辺でお店探すかとも考えたが、予約は12時で時間があり過ぎたので、私が行ってみたかったイベリコハムの専門店、レゼルバ・イベリカに立ち寄ってもらうことに。ここは、イートインできるそうなので、朝食もここで済ませようかと。
ネットで見つけたお店なので、事前に地図はスマホに保存しておいたけれど、近くに着いてるはずかお店が見つからず、近くの店で聞いて教えてもらった。もっと目立つ、間口の広いお店だと思ってたけど、そうではなかったので近くを見ても気付けなかったわ。

店内にはずらーっと生ハムが並んでおります。
「ここで食べたいのですが…。」というと、席に案内してくれた。
パンに生ハムを挟んだもの、そしてドリンクはせっかくなので白ワイン 朝からお酒ってちょっとない贅沢。旅行じゃないと味わえない朝のワイン
そして目の前でそいでくれたハモン・セラーノ、メチャ美味ですっ





美味しいものを食べてさっきまで疲れてた妹も上機嫌になり、この足でサグラダ・ファミリアへ。
サグラダ・ファミリアは、地下鉄の駅から地上に上がるとすぐに姿を現すというのは、ロケみつを見て知っていたが、ホントにドーンっと現れます。



こちらは人気スポットだけあり、観光客が列を作ってたので予約必須です。
まずは、聖堂の内部を見学。中は光が入って明るく優しい感じ。私は外観より内部が気に入りましたっ





内部見学後は受難のファザードから塔に上る。
荷物はあらかじめコインロッカーに入れるように言われたので、デジカメとスマホのみ持参してエレベーターで上へ。
塔の上は風が強くて、かぶっていた帽子が飛ばされそうになった。帽子もコインロッカーに置いてきたらよかったなあ。
塔からはバルセロナの街並みがよく見えるとガイドブックに書いてあったが、海のほうまで綺麗に見えた。ただ、風が強いのもありけっこう足すくみましたけどね。






塔の上は狭くて長居できるような場所でもなかったので、エレベーターで降りた。受難のファザードの方は下りもエレベーターがあるが、生誕のファザード方は下りは歩きのみ。歩いてもいいかななんて思ってたが、足の疲れと怖さでエレベーター付きを選んで正解でした。

サグラダ・ファミリアの敷地内にあるお土産物屋さんでお土産買って見学終了。
もっと時間かかると思ってたので次のピカソ美術館の予約、15時にしちゃってます。
時間が余ったのでホテルに戻る。
エル・コンテ・イングレスに立ち寄って、ジェラートを買ってホテルで休憩しながら食べた。

ホテルからピカソ美術館までは、地下鉄4号線で1駅、そこから徒歩5分とのことですぐ行けると読んでいた私たちがホテルを出たのは14時半を過ぎていた。地図では簡単そうに見えた道も迷ってしまい、というか入口がどの通りに面しているか分からなかった
結局、予約の15時を少し回ったところで受付。手荷物はコインロッカーに預けて見学コースを行く。
正直、絵心のない私は、ピカソの良さは分からないので、妹に仕切ってもらい順番に見学して、ガイドブックに必見とある絵画をしっかり鑑賞。
最後のほうにベラスケスの有名な絵画、マルガリータ王女(ラス・メニーナス)を題材に描かれた絵画がシリーズであり、こちらはかなり気に入った。というのも、ベラスケスの絵画を知っていたからね。
ミュージアムショップでラス・メニーナスの絵葉書数点を買って見学終了。
ここに来る前に、サンダルを履きかえたのだが、足裏の靴擦れが痛くて耐えられなくなってきたので、とりあえず絆創膏で応急措置。これで少しにラクになった。

ピカソ美術館をあとにして、ガイドブックに載っていた近くの雑貨屋へ行ってみたが、想像とは違っていたのでそそくさと店を後にし、ジャウマ・ブリメ駅へ。せっかくここまで来たので、ついでにカテドラル見学することに。妹は疲れたから駅前の広場で休憩するというので、デジカメとガイドブックのみ手に持ってくことにしたが、何かあったら困るからスマホ持ってってと言われ、これもプラス持参。
カテドラル内部に入ると、聖歌隊(?)の人たちが歌を歌ってて暫し耳を傾ける。アカペラで声がカテドラル内に響いてなかなか心地よい歌声だった
次に行くべきところもあるのと妹を待たせているからあまり長居はできなかったけど、立ち寄れてよかった~。



妹のところに戻り再び地下鉄4号線に乗って、まずはメルカドーナというスーパーへ。
ここでお土産を買ってからは歩いて行けるセンティツというワインショップへ。
ここにはFCバルセロナのイニエスタの実家で作られたワインが売っていて、もちろんそれが目当て。
もちろん、それ以外のワインもたくさん売られていたけど、ここは迷うことなくイニエスタのワインを購入



ホテルへ帰る前に、エル・コンテ・イングレスで土産購入の仕上げをし、ホテルへ戻る。
私は靴擦れで足が痛くなってたし、妹は筋肉痛で階段を下りるのが辛いと言い、ホテルで休憩。
今日はどこでご飯食べようかなーと考えてたけど、とにかくもう歩きたくないし階段下りたくないからホテル近くでということで、ガイドブックやネットで検索するも、ここカタルーニャ広場近辺はBarとかなさそうで…。
だらだらホテルに居たらもう21時に。
さすがに重い腰も上がって、とりあえず外行くか~って外出。
ホテルから海の方向に歩くか、それともグラシア通りを歩くかと考えたが、グラシア通りの方が店がたくさんあったので、近くになくても足さえ延ばせば何処かにたどり着くということでこちらを選択。
すると、そう歩かない場所に入り易そうなBar発見
店内は、カウンターで指さしで注文できるみたいなのでここに決めて、店員さんにカウンターに案内してもらった。
席の前には、タパスの写真が印刷された紙のランチョンマットがあり、それに書かれた店の名前を見ると、先ほどネットで検索して出てきた店だった。
ここ、遠いからって行くのを止めてけど、こんなに近かったとは…。
ちなみにチャペラというお店です。



ドリンクは1杯目は白ワイン。2杯目はティエント・デ・ベラーノという、赤ワインを炭酸飲料で割ったものを頼んだのだか、出されたグラスがデカくてビックリ。これ飲み干したら、お腹がチャプチャプになってしまった。

 

 

お腹もいっぱいになり、そのままホテルに戻り、簡単に荷造り。
明日は、出発までの時間も街歩きする予定とし、就寝。。。

-*-*-*- トップの写真 -*-*-*-
グエル公園の正面


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【3日目】 バルセロナから... | トップ | 【5日目】 バルセロナから... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン&イタリア旅行記(2014)」カテゴリの最新記事