Diario di SARUMI

主に旅行記です。
たま~にブログ更新!?

【7日目】 フィレンツェでお買い物

2012-07-18 | オーストリア&イタリア旅行記(2012)

本日は、タイトルどおりショッピング三昧。なので、旅行記っぽくはないです

今日は7時半頃に起きてゆっくり用意をする。

本日は、フィレンツェをぶらぶらした後、ローマへ移動の予定。
まだ列車の時間とかは決めてなく、まあ夕方にローマに着ければいいかなと。

朝食を食べに行くと、今度楽団の演奏会でする曲がかかっておりビックリ
ちなみにパートリーダーからソロを打診された曲なんやけど。。。いちおう軽くお断りしておいたし、ソロを吹く気満々の人がいるので、たぶん彼が演奏するでしょう

部屋に戻って荷造りした後、チェックアウト。
が、フロントに行って気付いた、カードキーを部屋の中に置き忘れてきたことに
でも、問題なくチェックアウトさせてもらえた。

スーツケースを預かってもらい、いざショッピングへ。
まずは昨日保留としていた父のポロシャツを。。。
と歩き出したら、子供服のお店が目に止まる。まだ開店すぐで、店員さんが準備していたところに入ってみる(見るのは甥っ子の洋服)。もちろん店内は私たちだけ。
姉には「洋服要らないよ。」と言われていたけどウィーンで買ってしまった。その同じブランドのお店で、更にお値段安いんですけど…。彼らの年齢を言うと、イケメン店員さんがメッチャ親切に対応してくれる 彼らの身長も伝えるとピッタリのサイズが判明。そして可愛い洋服を見つけてまたお買い上げ。。。いくら安いからってこんなに買っていいモンなんやろか?やはり孫には甘いのか うちの母も。。。

そして、目的のリナシェンテへ。
父からは、サイズが詳細に書かれたメールが届いていた。
AJのサイズM(EUROサイズ)と認識していたのは合っていたが、昨日見つけたものは少し細身のようだったので、あとはローマで探してみようという結論に達して店を出る。
そしてレプッブリカ広場近くにお店をぶらぶらしてたら、紳士服の良さげなお店が目に留まり入ってみた。
店員さんに父のサイズを伝えると、「この辺りのがそうだ。」と教えてもらい、いくつか見せてもらう。
父の希望の色があったので、念には念をってことで胸囲をメジャーで測ってもらうとOKだった。母がもう一枚選んでて、自分だけ旅行に来てるからってことで合わせて2枚お買い上げ。
おっ、これでタックスフリーの金額に達したと思ったんやけど、お会計の時に書類を作ってくれない。
聞くと「350ユーロ以上買ったらね。」と言われた。イタリアって確か154.94ユーロ以上の買い物でタックスフリーOKじゃなかった?もしや経済破綻の影響?

この後、昨年時間がなくなり見学できなかった洗礼堂とドゥオーモを軽く見学。
ドゥオーモはいつも列が出来てるけど、進みが速いので待ち時間はそんなに要らなかった。


ドゥオーモの天井

そして次は、サン・ロレンツォ教会横のメルカートへ。母が小物類を買いたいと言っていたので。。。いくつかのお店で商品を見比べてみたが、どこもたいてい同じ値段。
母は、革製品のキーホルダーを数個買ったんやけど、値引き交渉に応じてもらえず 昨年はこれをヴェネツィアで買ったんやけど、かなり値段の違いがあったから、ここでは既に安価で売られてるんだろね。

メディチ家礼拝堂の横を通り、サンタ・マリア・ノヴェッラ広場へと出る。
まだ午前中だというのに暑すぎる。ってことで、ここでジェラートを食す。ちなみにお値段2.5ユーロと、昨夜食べたところよりちょっとお高いし、量も少なめで残念。でも味は美味しい。
これを広場のコンクリートのベンチに座って食べててんけど、Gパンはいてても足が焼けそうに熱くなって、途中から立って食べた。


サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

ここまで来たのでついでにってことで、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局を目指す、有名どころやけど行ったことがなかったモンで…。
お店は入り口が小さくて見落としてしまい、少し道を行き過ぎたがたどり着けた。
中に入るとこんな感じ。



お店には多言語で書かれた商品リストが置いてある。もちろん日本語のも。
以前、友達とイタリア旅行に来た際、友達のみここに立ち寄ってんけど、けっこうお高いと言っていた。今はユーロ安やし、日本で買うことに比べたら格安なのは分かるけど、私には手が出なかった なので、そそくさと店を後に…(苦笑)

そしてチェントロのメインストリートであるカルツァイウォーリ通りへ。
お目当てはフルラ。
やはり来たからには買って帰りたい。セールが始まってて品数はかなり減っていたけど自分の欲しいバッグが見つかった。ちなみに30%オフ
母は、以前私がプレゼントしたフルラの長財布をずっと使ってくれてるんだけど、小さいバッグ用にと折り畳み財布を今回探していたが、こちらは目ぼしいのがなく…。私のバッグだけじゃあ免税額にならないよと店員さんに言われ、じゃあってことで小銭入れも合わせて購入。
やはり154.94ユーロ以上の買い物でよかったみたい。ってことは、さっきの店はタックスフリー加盟店ではないとか???

フルラ近くのお店でお土産のクッキーだとかフルーツゼリーを購入。このお店もけっこうお気に入り。商品は少しお高い気がするけど、味が全然違う。ゼリーとかホントにフルーツの味がするのよね~。

さてお次は、オリーブのハンドクリームを求めて歩く。
今回の旅のために買ったガイドブックに載っていたお店なんだけど、シニョリーア広場から少し歩くのよね~~。
ここも分かりにくいところにあって、少し道を行き過ぎていたが、目印のホテルで気づいて引き返すと、母が「ここじゃない?」と見つけてくれた。

今回買ったのは、LEPOというメーカーのハンドクリームとリップクリーム。どちらもオリーブで作られている。私って、あんまりコスメとかに興味なくて、たいてい同じの使ってる。人にもらったら使うけど、あまり色んなものは買わない主義。が、今回は思い切って買ってみました。

さて、お店の前の道をまっすぐ進むと、ホテルのある通りに突き当たり、その通りを北に進むとホテルにたどり着けた。距離はまあまあありましたが…。

予定より遅くなり、ホテルに戻ってスーツケースをピックアップ。今日、母も私も何だかんだと買い物してしまったのでそれをスーツケースに詰めておいた。
フィレンツェではチェントロから少し離れたところにあるチョコレート屋さんにも行ってみたかったけど行けず。これはまた次回ってことで

駅に着いてローマまでの列車の切符を自販機で買う。
タッチパネルを押そうとすると、「この機械は壊れてるからこっち来なさい。」と男性に声をかけられる。おっ、これヤバいパターンです
以前、夜遅くにミラノで切符購入してたら、「買い方教えてあげる。」と言ってきた男性に最終的にお金(1ユーロ)せびられたからな~。
「なので、ホーム近くの券売機で買います。」と言ってその場を立ち去る。彼を親切な人と見た人たちは彼の言うとおりお隣の券売機に行ってたが、やはりお金をせびられてるようだった。

乗車直前の購入だったが、向かい合ってはす向かいの座席を押さえれた。
遅れてやって来た15:48の列車に乗り込み、さっそく荷物置き場を確保。私のだけ乗降口に置いて母のは少し小ぶりのスーツケースなので座席背もたれの下に。この背もたれの下もけっこう競争しないと置けなかったりする。。。

さて、座席に座ると、私の隣の女性は私の座ってる席の方まで腕を突き出してるし、お向かいおっちゃんは足を前に投げ出して私の足の置き場が殆どないっ かなり無理な姿勢で(足をかなり手前に引いて)座ってるんだが、彼はさらに私の足を押してきて…。
こっちは通勤ラッシュで鍛えられてるので、彼の押しに一歩も引くことなく足を置いてたら、ついに足を踏んで来よったゾ 約1.5時間、あまり快適とは言えない状況でした
ローマに着いて母にこの話をすると、母も向かいの女性(私の隣の女性)も足をかなり前に出してて窮屈な思いをしていたとか。日本人は小柄だから遠慮せいってこと


今年4月末から運行開始のITALO(イタリアの民間高速列車)を発見!!
正面から撮りたかったけど、列車に乗ってて見かけたのでこんな写真しか…

ローマに着いたのが17時半前。ホテルは駅近なのですぐにたどり着けた。
フィレンツェでけっこう歩いてるし連日歩き詰めなので、今日はもう遠くには行かないことにした。

少し休んだ後、特に行くところもないしってことで、ローマ三越にでも行ってみようってことになり歩いて向かったのだが、、、
私の持ってる古~いガイドブックでは19時半までだったのが19時閉店に変わってて、もう閉店間近だったので入店を断られたしまった。

なので、駅近くの観光名所であるサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂まで歩いてみた。もう中には入れなかったので外観だけ見学。


サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

そしてすぐ近くのスーパーに行ってみた。
地下の食料品売り場。以前は買い物かごは日本と同じく手持ちだったのが、キャスター型になっていて、かごを地面に置いて引っ張るようになっている。このキャスター型買い物かご、日本と比べ物にならないくらい清潔感がない。。。食料品をそのかごの中に入れるのはちょっと抵抗あるかも?ハンドルで引っ張ってる人はよいが、かごを足で押してる人とかもいるし~
でも、買い物するにはこのかごに品物を入れないとどうしようもないので使いましたが、極力汚れていない&汚れた部分に商品を置かないようにした。

今回、姉に「パンナコッタの素」を買ってきてと頼まれてるので探してみたが見つからない。他のプディングとかはあるねんけど…。明日、別のスーパーにでも行くか~~。

今日はホテル近辺から移動するつもりはなく、バス&地下鉄の切符も買ってないので、夕食はローマに来ると立ち寄る、家庭経営のトラットリアへ。
行くといつも満席に近い店内は、空き空き。もしやイタリアの経済状況悪化のせいで観光客も減ってるのかな~。
でも、お料理はいつものように美味しく、そして店のおじさんやおばさんも毎度のことながら親切でした。
今回初めて食べた豚のソテーがメッチャ美味しく、胃を悪くしてから肉類を少ししか食べなくなった母も、あっさりしてて食べやすかったとのこと。

 

               

本日、ローマではあまり歩かなかったけどフィレンツェで歩き回ったため、 の歩数計は18,344歩。

-*-*-*- トップの写真 -*-*-*-
     

 フィレンツェのとある路地裏

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【6日目】 ぶらり、ピサへの旅 | トップ | 【8日目】 最終日、ローマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーストリア&イタリア旅行記(2012)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事