Diario di SARUMI

主に旅行記です。
たま~にブログ更新!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛猫の一周忌

2012-06-16 | 愛猫ミル

6月16日、今日は愛猫ミルの命日。
ミルが居なくなってもう1年が経った。
ミルと触れ合えなくなってもうそんなになるのか~と思う反面、知らない間にもう一年経ったのか、一年って早いな~とも思う。
それは、我が家でまだミルが居るかのように感じているからだと思う。

ミルの物はまだ何一つ片付けずに置いていて毎日ご飯はお供えし、ミルの好物は必ずおすそ分けして遺骨に話しかけているせいか、我が家は今でも毎日のようにミルの話題が出る。
10歳10ヶ月でこの世を去ったミルと過ごしたのはたったの9年だったけど、本当に思い出が多くって、思い出話をしては「面白い子だったね~」とか「ホント可愛かったよね~」なんて言ってます。(お世話になった獣医さんにもとても強い印象を与えたみたいなので、本当に独特の子だったのかと・・・)

もうなかなか夢には出てきてくれないのだか、今朝は久々に夢の中で会えた。
私の見た夢はおぼろげだったけど、母はミルがカステラをおねだりしてる夢を見たらしい。

というわけで、今日は某百貨店のご優待会場でカステラを買ってお供えしてあげる。
ご飯は大好物のシーフード(エビ・イカなど)のフルコース。他に鰹節とか卵豆腐なんかも。
そして今日はいつもより多めにお花も飾ってあげる。

私や母は、四十九日の時みたいに大々的な一周忌をしたかったんだけど、実は今日6/16は祖母の命日で、父はお墓参りに行ったし(まっ、夕食までに帰ってきたけど…)、妹は仕事やしでこれといったことはできなかった。
まあ、特に今日何かするのではなく毎日思い出して、ミルの好物があればお供えしてあげたりしてミルを身近に感じてるから特別なことは必要ないのかも?



コメント

愛猫の四十九日

2011-08-02 | 愛猫ミル

今日は愛猫ミルの四十九日。
ミルが亡くなって、四十九日の数え方が分かった私(^_^;)

会社帰りに、ミルのお供えを買いに百貨店へ。
昨日、いちおう下見して買って帰るものを決めてたんだけど、その時は人気の品らしくて売り切れていた。今日はあるかしら?と思い、お店に行くと、残り僅かとなっていた。
で、前のお客さんが、それをまとめ買いしようとしてたので、「あっ、遅かったか…。」と思ったら、このお客さんは発送希望だったので、後日手配するとのことで、ホッ
私はなんとか希望の品をゲットできた。
ちなみに買ったのは、小倉山荘の新ブランド「明月菓寮」の“明月小倉山”という和菓子。あんこが大好きだったミルなので、これだったらいいかなと。(但し、白あんはNG)

その後は、三宮でお花を少しだけ買う。
ミルが亡くなってから、母がお花は欠かすことなく飾ってあげてるので、たぶん今日もあるだろうことは分かってたけど、いちおう私の気持ちってことで。

帰宅すると、母が晩ごはんの準備をしてくれていた。
今日は手巻き寿司。
四十九日は何がいいかな?と聞かれた時にリクエストしたのだ。
甘エビやイカ、タコ、カニかま・・・とミルの大好物だったものが一気に食べれるので。
今日は、ミルの遺骨を食卓に置いて、その前にそれらをお供えしてあげた。
ミルが生きていたら、準備してる段階で、母に付きまとってただろうな~と思うとやはり寂しいものがあります
ミルは本当に好きなのをあげると物喜びがすごくって、何でも買ってあげようって気になったのよね。よく大好物のものを「○×に目がない。」と言うけれど、この言葉ほどミルを表現できるものはない。

四十九日を迎えたので、ミルのことはキリを付けないとダメなのかもやけど、我が家は未だミルのものは片付けれません。ミルの食卓もそのままで毎日ゴハンあげてるし、トイレも、トイレの周りの壁に貼っていた段ボールこそ取り除いたけど(ミルの引っ掻き跡は、切り取って飾ってある)、トイレは置きっぱなし(←さすがに砂は新しくしてるけど)。
他にも、ミルが寝てた場所数箇所もそのままです。

 

コメント

かなりビックリ!!

2011-07-20 | 愛猫ミル

楽団の練習から帰宅後すぐに、妹と喋ってて愛猫ミルの話になり、妹が「ミル」と言って遺骨の方を見たかと思うと、その壁の上のほうに…。
一瞬、ミルが戻ってきたのかとビックリした
正体は猫時計。壁掛けタイプのやつで、尻尾が振り子になってて、それが絶妙な動きをしています。

GWに入る少し前、某百貨店に期間限定で売りに来ていた時計。
母がこれを見つけた時、「ミルちゃんに似てるから買おうかしら?」と言ったんだけど、「値段もそこそこするし、何より本物のミルが居るのに買うと縁起がよくないか。。。」と一度は買うのを止めていた。
これ、一つ一つ手作り(しかも受注生産?)で、次に百貨店に行った時、ちょうどミルに似たニャンコの種類が売れてしまってて(猫も数種あるし、犬バージョンもある)、今から作るので仕上がりは2~3ヵ月後になるとのこと。それまでミルに頑張ってもらおうという願いを込めて購入を決定。
残念ながら、ミルはこの時計との対面を待たずして逝ってしまったんだけど…。

この時計。ミルが亡くなってしまったからか、余計に似てる気がしてちょっと眺めてるとホッとします。見えそうで見えない顔がいいのかな?たぶん、顔が描かれてたら、あの子に似た顔はなかっただろうし…。

ミルがイタリアから我が家にやって来て間もない頃、よくベランダのガラス戸から外を眺めてたんだけど、後ろ姿が何とも哀愁漂ってて…。
皆で「イタリアを思い出してるんだろか?」なんて言ってたのに、それもいつの間にか哀愁漂わなくなってて…。すっかり家の子になってたんだろうね。

それにしてもホントよく似てるわ。



コメント

一ヶ月が経ちました

2011-07-16 | 愛猫ミル

愛猫ミルが亡くなって一ヶ月が経った。
毎日、寂しいな~と思いながら過ごしているけど、日にちだけは順調に進んでいるようで…。
ミルが居なくなってからも、仕事はまあまあ忙しいので、日中は悲しんでる時間はないのだけど、通勤の往復の電車に乗ってる間は、音楽を聴いてるにも関わらずミルのことばかり考えてしまってる。
楽団の練習も再開させたはいいけど、ミルが水曜から具合悪くなって、木曜の未明に亡くなったので、水曜日はとても悲しくて練習にも身が入らず。

この前の水曜も気持ちが落ち着かなかったのだけど、その晩、ミルが夢に出て来てくれて少しホッとしたというか落ち着いたかも?
なかなか夢に出て来てくれないのが少し残念。まっ、あまりこっちの世界に引き止めちゃいけないんだろうけどね。

ミルの病気が悪くなってなければ、一昨日からドイツ・イタリアへ旅行に行ってる予定だった。ローマではバチカンに行って、病気がよくなるようにお願いして来ようと計画していたんだけど…。
今度イタリアに行く時は、ミルの遺骨をほんの少しだけ持って行く予定です。

コメント

フォトスタンド作成

2011-07-04 | 愛猫ミル

フォトスタンドに愛猫ミルの写真を飾りました

色んな場所にいるミルをピックアップ。ちょっとお行儀の悪い(?)写真もあるけど、どれも可愛い
姉に「こんな風にしました。」とメールすると、「可愛くしてもらって有難う。」と返信が。

下の写真を見てもらえばお分かりだと思いますが、一箇所(丸枠のところ)が空いてます。
ここには、ミルの子猫時代の写真を入れようかと。
ミルは2歳になる前に日本にというか我が家に来たので、私たちは子猫の時を知らない。
けど以前、義兄(姉のダンナ)に子猫の時に撮ったという写真をたくさん見せてもらったらとても可愛かったので、8月の帰省の際に持って来てもらい、そこから1枚チョイスする予定。。。

ミルは、成猫になっても可愛かったけど(キャリーバッグから顔だけ出したミルを見た人には、よく子猫に間違われた)、子猫の時はさらに可愛かったモンね
今からミルの写真が楽しみデス



コメント