呑んべぇ爺さん

呑んべぇ爺さん「音岳」の記録とつぶやき

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PCから携帯へデータを移行

2010年01月21日 | パソコン等

 昨年1月、マナスルに出発する前に、日本の同じ電話番号・メールアドレスで簡単に海外から日本に連絡できる「世界対応ケータイ」(3G+GMS)でもあり、「Windows環境」を持ち歩けるソフトバンクの「X05-HT」(約165g)を買って、色んなデータをmicroSDHC(8GB)にインプットしてネパールへ持って行きました。

 じっくり勉強する暇が無かったので、カトマンズから一度だけ家内の携帯に電話しただけで、以前のザウルスのように、主に日記をつけていました。しかしBC28日目に立ち上がらなくなってしまい、以降全く使えず、日本に帰ってから修理に出しました。

 「故障が再現しません」という結果を通知されて、中の全てのデータを消されて帰ってきました。修理に出す時に、データは全て消すのが原則の一点張りだったので、帰国後も3ヶ月修理に出せず、色々データ復活を画策しましたが、できませんでした。

 その間、PCも故障していましたのでPCとの連携もできませんでした。昨日ようやく、新しい64Bit自作パソコンと同期ができました。携帯付属のDVDを使わずとも、USB接続すれば自動認識してくれて、同期に必要な「Windows Vista & Windows 7 用 Windows Mobile デバイス センター 6.1 (64 ビット)(日本語版)」や「同期センター」をダウンロードすれば直ぐに同期できました。

 後は、パソコンとUSB接続をしておけば、Outlook2002で予定表やアドレス帳・メモ・メールなどを入れれば同期されるので(Outlook2000以前では同期しません)、パソコン側でインプットすれば、全てデータは同時にケータイに移行されます。携帯側で面倒な作業をしなくても良くなりました。(メールは同期する設定から外しています)

 この携帯の不満は、音声やシステム音が小さく、街中の騒音の中では聞き辛かったり着信に気づきにくい事と、凹んだ丸いボタン周囲で行うカーソル操作がやり難い点くらいで、キー操作は親指の爪を少し伸ばしていれば問題なくできます。いろんな事ができますので満足度は高く感じています。








コメント   この記事についてブログを書く
« 北海道に向けて | トップ | Windows7のスタートアップ修復 »

コメントを投稿

パソコン等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事