サラリーマンのしがない日記

日々のニュースや思い付きをダラダラと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爪水虫は放置しても治らないし悪化するだけ

2017年06月29日 | 日記
爪水虫の初期症状は、特にかゆくもならないし痛くもないので何気に放置している人が多いです。実際に、私の父親も爪水虫なのにかれこれずっと放置しているのでビックリしています。

爪水虫は、放置していてもとくによくならないですし、悪化しかしないのでしっかりと治療をするには、皮膚科に行くしかありません。放置せずに皮膚科に行きましょう!

爪水虫を放置してしまうと何が問題なのかというと他人に移してしまう可能性があるからです。白癬菌は、バスマットやスリッパなどを介して人へ繁殖していきます。そのため、家族に水虫が移る可能性があります。

だから、家族と共有するのはやめた方がいいですし、歩ているときでも爪水虫が床にばらまいて風にまかれてしまい白癬菌が余計に移りやすくなっています。

他にも、爪がボロボロになったり、白く濁ったり、爪が変形してしまう恐れもあるので、靴が履きにくくなったり、歩きにくくなる事があります。

糖尿用を患っている人は、合併症を引き起こす事もあるので早め早めの対策がとても大切になってくるといえるでしょう!だから、今すぐ、皮膚科に行きましょう!

皮膚科での治療は、外用薬と内服薬があり、いずれも効果が高いのできちんと毎日適切な治療をすればある程度、もしくは完治するレベルまでいくと思います。

参考URL:爪水虫の皮膚科の治療方法@完治までの期間や気になる費用
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リズリサのファッションは甘... | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事