Latin for Beginners_1441

 前回までに学習してきた対格をとる主要な前置詞13個(+1個 ad )をまとめてみました。

1 対義語の関係

  ante(~の前に)  ←→  post(~の後に)
  extrā(~の外に)    ←→  intrā(~の内に)


2 類義語の関係

  apud(~の間に)  =  inter(~の間に)
  contrā(~に対して)   =  in(~に対して)
  ob(~のゆえに)  =  propter(~のゆえに)
  ad(~へ)  =  in(~の中へ)

 ※ ad は§340 では紹介されていません。また、in には奪格をとる用法もあります(Latin for Beginners_705, 983 参照)。


3 その他

  circum(~の周りに)
  per(~を通って)
  trāns(~を越えて、~を渡って)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1440

【本文】
  per, through, by means of
  post, after, behind
  propter, on account of, because of
  trāns, across, over

【語句】
by means of:~によって、~を用いて

【訳文】
  per  ~を通って、~を経て、~を貫いて;~によって、~をもって
  post  ~の後に、~の後ろで
  propter  ~のために、~のゆえに(原因・理由)
  trāns  ~を渡って、~を通って、~を越えて、~の向こうに

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1439

【本文】
  inter, between, among
  intrā, within
  ob, on account of (quam ob rem, wherefore, therefore)

【語句】
on account of:~のために、~の理由で
wherefore:それゆえに、そういうわけで;何のために、どういうわけで、なぜ

【訳文】
  inter  ~の間に(で)、~の中に(で)
  intrā  ~の内で、~の中で
  ob  ~のために、~の理由で (quam ob rem  この理由で、それゆえに;何のために、なぜ)

【新出ラテン語句】
ob

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1438

【本文】
  contrā, against, contrary to
  extrā, outside of
  in, into, in, against, upon

【語句】
contrary to:~に反対して
outside of:~の外に(へ)

【訳文】
  contrā  ~に対して、~に反対して
  extrā  ~の外に(へ)、~を越えて
  in  ~の中へ、~へ;~に対して、~に反対して

【新出ラテン語句】
contrā extrā

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1437

【本文】
 340. PREPOSITIONS WITH THE ACCUSATIVE
 The prepositions with the accusative that occur most frequently are
  ante, before
  apud, among
  circum, around

【語句】
occur:見出される、現れる

【訳文】
 340. 対格を伴う前置詞
 対格を伴う前置詞で非常によく現れるものは、以下のものである。
  ante  ~の前に(で)
  apud  ~の間に(で)、~の中に(で)
  circum  ~の周りに(で)

【新出ラテン語句】
circum

【コメント】
 本文の英文にはありませんが、訳では「以下のものである」を補ってみました。
 本書では全部で13の前置詞が紹介されていますので、今回から何回かに分けて読んでいきます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1436

【本文】
 Learn the synopses of these verbs. (See §493.) Patior is conjugated like the passive of capiō (§492).

【訳文】
 これらの動詞のシノプシスを学習しよう(§493 参照)。patior は capiō の受動相と同様に活用する(§492)。

【コメント】
 シノプシスについては、Latin for Beginners_573 以下を御参照ください。
 形式所相動詞の活用の仕方は、通常の動詞の受動相の活用と同じです。
 §493 の学習はここでは省略します。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1435

【本文】

    Conj. III (a)   sequor, sequī, secūtus sum, follow
            (b) patior, patī, passus sum, suffer, allow
    Conj. IV partior, partīrī, partītus sum, share, divide


【語句】
follow:従う、~の後に続く、追跡する
suffer:受ける、被る、耐える、苦しむ
allow:許す
share:分ける、分配する、割り当てる

【訳文】

    第3活用 (a)   sequor, sequī, secūtus sum(従う)
           (b) patior, patī, passus sum(耐える、被る、許す)
    第4活用 partior, partīrī, partītus sum(分ける、分配する)


【新出ラテン語句】
partior patior sequor

【コメント】
 第3活用(a)は通常の第3活用動詞です。第3活用(b)は -iō 型第3活用動詞です。
 本文の形式所相動詞について、その主要部分(①直説法能動相1人称単数現在形、②不定法能動相現在形、③直説法能動相1人称単数完了形。なお、完了受動分詞はありません。)を整理すると以下のようになります。

 sequor(従う) → ①sequor  ②sequī  ③secūtus sum
 patior(耐える) → ①patior  ②patī  ③passus sum
 partior(分ける)   → ①partior  ②partīrī  ③partītus sum

 また、通常の動詞の主要部分と形式所相動詞の主要部分を比較すると以下のようになります。

      ①   ②   ③   ④
第3活用 通常の動詞 regō, regere,     rēxī, rēctus
形式所相動詞    sequor,     sequī, secūtus sum      ―
-iō 型第3活用   通常の動詞 capiō, capere, cēpī, captus
形式所相動詞 patior, patī, passus sum  ―
第4活用 通常の動詞 audiō, audīre, audīvī, audītus
形式所相動詞 partior, partīrī, partītus sum  ―

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1434

【本文】
 339. The principal parts of deponents are of course passive in form, as,

    Conj. I hortor, hortārī, hortātus sum, encourage
    Conj. II     vereor, verērī, veritus sum, fear


【訳文】
 339. 形式所相動詞の主要部分はもちろん語形において受動相である。

 例     第1活用     hortor, hortārī, hortātus sum(励ます)
  第2活用 vereor, verērī, veritus sum(恐れる)


【コメント】
 動詞の主要部分とは、①直説法能動相1人称単数現在形、②不定法能動相現在形、③直説法能動相1人称単数完了形、④完了受動分詞です(Latin for Beginners_599 参照)。
 これを形式所相動詞に当てはめると、受動相の語形で能動の意味を表すので、本文の例では、以下のようになります。なお、④は③の中で示されているためか、省略されます。
 第3活用及び第4活用については次回読みます。

 hortor(励ます)  → ①hortor  ②hortārī  ③hortātus sum
 vereor(恐れる) → ①vereor  ②verērī  ③veritus sum

 また、通常の動詞の主要部分と形式所相動詞の主要部分を比較すると以下のようになります。

      ①   ②   ③   ④
第1活用   通常の動詞 amō, amāre, amāvī, amātus
形式所相動詞    hortor, hortārī, hortātus sum      ―
第2活用 通常の動詞 moneō,     monēre,      monuī, monitus
形式所相動詞 vereor, verērī, veritus sum  ―

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1433

【本文】
 a. Besides having all the forms of the passive, deponent verbs have also the future active infinitive and a few other active forms which will be noted later. (See §§375, 403. b.)

【語句】
besides:~の他に、~に加えて
note:言及する

【訳文】
 a. 受動相のすべての活用形を持っていることに加え、形式所相動詞は、後に言及される不定法能動相未来形と他のいくつかの能動相の語形も持っている。(§§375, 403. b 参照)

【コメント】
 §375 及び§403. b は後日読むことにします。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )