Latin for Beginners_1338

【本文】

  magnopere, greatly    
  parum, little
magis, more     
minus, less
maximē, most
minimē, least


【訳文】

  magnopere(大いに)     
  parum(少なく)
magis(さらに、一層、より以上)     
minus(より少なく)
maximē(最も)
minimē(最も少なく)


【新出ラテン語句】
minus parum

【コメント】

① magnopere:  対応する形容詞 magnus の比較変化と比較すると以下のようになります。副詞の原級は不規則ですが、語源的には magnum opus の奪格形 magnō opere に由来するようです語彙magnopere の項参照。また、Latin for Beginners_1334 参照)。副詞の比較級も magis という特別な語形になっています。
   原  級  比較級  最上級
         形容詞  
         副  詞
magnus,-a-um      
magnopere
maior,-ius       
magis
maximus,-a,-um
maximē
 
② parum:  対応する形容詞 parvus(「少ない」の意味もあるようですが、「小さい」の意味で用いられます。)の比較変化と比較すると以下のようになります。副詞の原級は不規則ですが、parvus の単数対格中性形 parvum に似ていますLatin for Beginners_1334 参照)。副詞の比較級と最上級は対応する形容詞のそれらから前に学習した作り方で作られています(Latin for Beginners_1328 のコメント参照)。
   原  級  比較級  最上級
         形容詞  
         副  詞
parvus,-a-um     
parum
minor, minus     
minus
minimus,-a,-um
minimē

       なお、最上級の minimē は否定の返事として用いられることもあります(Latin for Beginners_711 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1337

【本文】
 323. Learn the following irregular comparisons:

  bene, well    melius, better    optimē, best
  diū, long (time)    diūtius, longer    diūtissimē, longest


【訳文】
 323. 以下の不規則な比較変化を学習しよう。

  bene(よく)    melius(よりよく)    optimē(最もよく)
  diū(長く、長い間〔時間〕)    diūtius(より長く)    diūtissimē(最も長く)


【新出ラテン語句】
bene melius optimē

【コメント】
 今回から、不規則な比較変化をする副詞を6つほど学習していきます。
 今回は bene と diū です。

bene

 
 対応する形容詞 bonus の比較変化と比較すると以下のようになります。副詞の原級は不規則ですが、比較級と最上級は対応する形容詞のそれらから前に学習した作り方で作られています(Latin for Beginners_1328 のコメント参照)。
 
   原  級  比較級  最上級
            形容詞    bonus,-a,-um       melior,-ius       optimus,-a,-um
            副  詞 bene melius optimē
 
diū
 
 比較級と最上級の語尾は、比較級 -ius、最上級 -issimē となっており、対応する形容詞はありませんが、規則的な感じを受けます。ただし、diū の後に -t- が挿入されていることに御注意願います。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1336

【本文】

  Adj.
  Adv.    
 
 
prīmus, first
prīmum (acc.), first
prīmō (abl.), at first
 
  Adj.
  Adv.
plūrimus, most
plūrimum (acc.), most


【訳文】

  形容詞   
  副  詞
 
 
prīmus (最初の)
prīmum[対格] (まず、第一に、最初に)
prīmō[奪格] (初めは、最初は)
 
  形容詞
  副  詞
plūrimus (最も多い、非常に多い)
plūrimum[対格] (最も多く、非常に多く)


【新出ラテン語句】
plūrimum prīmō prīmum

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1335

【本文】
as,

  Adj.
  Adv.   
 
facilis, easy
facile (acc.), easily
 
  Adj.
  Adv.
 
multus, many
multum (acc.), much
multō (abl.), by much


【語句】
easily:容易に、簡単に

【訳文】

  形容詞    
  副  詞
 
facilis (容易な)
facile[対格] (容易に)
 
  形容詞
  副  詞
  
multus (多い)
multum[対格] (大いに)
multō[奪格] (ずっと、はるかに)


【新出ラテン語句】
facile multum

【コメント】
 multō は、以前に「差異の程度の奪格」として学習したものです(Latin for Beginners_1301, 1303 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1334

【本文】
So in the positive or superlative some adjectives, instead of following the usual formation, use the accusative or the ablative singular neuter adverbially;

【語句】
usual:通例の、通常の、いつもの

【訳文】
同様に、原級又は最上級においても、通常の形成法に従う代わりに、単数中性形の対格又は奪格を副詞として用いる形容詞がいくつかある。

【コメント】
 the usual formation(通常の形成法)とは、副詞の原級では、形容詞の語根に -ē, -iter 又は -ter を付け加えることを、また、副詞の最上級では、形容詞の最上級の語根に -ē を付け加えることを指しているものと思われます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1333

【本文】
 322. Case Forms as Adverbs. As we learned above, the neuter accusative of comparatives is used adverbially.

【語句】
adverbially:副詞として、副詞的に

【訳文】
 322. 副詞として用いられる格の語形 上記で学習したように、(形容詞の)比較級の(単数)対格中性形は副詞として用いられる。

【コメント】
 above は、形容詞から作られる副詞の比較級の作り方のことを指しているものと思われます(Latin for Beginners_1328 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1332

【本文】
as,

   POSITIVE
 
COMPARATIVE      
 
SUPERLATIVE
 
Adj.
Adv.   
 
fortis, brave
fortiter, bravely     
 
  fortior
  fortius
 
 fortissimus
 fortissimē
 
Adj.
Adv.
audāx, bold
audācter, boldly
  audācior
  audācius
 audācissimus
 audācissimē


【語句】
bravely:勇敢に、勇ましく
bold:大胆な
boldly:大胆に

【訳文】

    原  級
 
比 較 級        
 
最 上 級
 
形容詞
副  詞   
 
fortis(勇敢な)
fortiter(勇敢に)
 
   fortior
   fortius
 
 fortissimus
 fortissimē
 
形容詞
副  詞  
audāx(大胆な)
audācter(大胆に)     
   audācior
   audācius
 audācissimus
 audācissimē


【新出ラテン語句】
audācter fortiter

【コメント】
 fortis,-e は2語尾の第3変化形容詞で、その語根は fort- ですLatin for Beginners_809 参照)から、これに -iter を付けた fortiter が副詞(原級)になります。比較級、最上級の作り方は第1・第2変化形容詞の場合と同様です。
 audāx,-ācis は1語尾の第3変化形容詞で、その語根は audāc- ですから、これに -ter を付けた audācter が副詞(原級)になります。比較級、最上級の作り方は第1・第2変化形容詞の場合と同様です。

◎ 第3変化形容詞からの副詞の作り方と比較変化の仕方をまとめると以下のようになります(原級については例外あり。)。

 原  級   
 
 
 
①3語尾:形容詞の語根+ -iter
②2語尾:形容詞の語根+ -iter
③1語尾:形容詞の語根+ -ter
 
 比較級
 
形容詞の比較級の単数対格中性形
 
 最上級 形容詞の最上級の語根+

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1331

【本文】
(1) This is a good working rule, though there are some exceptions to it.

【語句】
working:役立つ

【訳文】
(1) これは、いくつか例外はあるが、よい役に立つ規則である。

【コメント】
 exceptions to it は、「規則に対する例外」の意味と解されます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )