Latin for Beginners_506

【本文】
LESSON XXV
FUTURE ACTIVE INDICATIVE OF REGŌ AND AUDIŌ

 156. In the future tense of the third and fourth conjugations we meet with a new tense sign.

【語句】
meet with ~:~に会う、出会う、遭遇する、~を見つける

【訳文】
第25課
regō 及び audiō の直説法能動相未来

 156. 第3活用及び第4活用の未来時制では、我々は新たな時制を表す印を見出すことになる。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_507

【本文】
Instead of using -bi-, as in the first and second conjugations, we use -ā-(1) in the first person singular and -ē- in the rest of the tense.

(1) The -ā- is shortened before -m final, and -ē- before -t final and before -nt. (Cf.§12.2.)

【語句】
rest:残り、その他

【訳文】
第1活用及び第2活用の場合のように -bi- を用いる代わりに、1人称単数では -ā-(1) を用い、その他の時制では -ē- を用いる。

(1) -ā- は語末の -m の前では短母音になり、-ē- は語末の -t 及び -nt の前では短母音になる。§12.2.参照)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_508

【本文】
In the third conjugation the final -e- of the stem is dropped before this tense sign; in the fourth conjugation the final -ī- of the stem is retained.(2)

(2) The -ī- is, of course, shortened, being before another vowel. (Cf.§12.1.)

【語句】
retain:保つ、保持する

【訳文】
第3活用においては、語幹末の -e- はこの時制を表す印の前では脱落する。他方、第4活用においては、語幹末の -ī- は保持される。(2)

(2) もちろん、-ī- は、他の母音の前にあるので、短母音になる(§12.1.参照)。

【コメント】
 注(2)の being ~ は分詞構文と考えられます(主語は主節の主語である The -ī- と同じ。)。ここでは、「~あるので」と訳してみました。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_509

【本文】
 157. PARADIGMS

CONJUGATION III

CONJUGATION IV

SINGULAR

1. regam, I shall rule audiam, I shall hear
2. regēs, you will rule audiēs, you will hear
3. reget, he will rule audiet, he will hear

PLURAL

1. regēmus, we shall rule     audiēmus, we shall hear
2. regētis, you will rule audiētis, you will hear
3. regent, they will rule audient, they will hear


【訳文】
 157. 活用表

第3活用

第4活用

単  数

1. regam
  (私は支配するだろう)
audiam
(私は聞くだろう)
2. regēs
  (あなたは支配するだろう)
audiēs
(あなたは聞くだろう)
3. reget
  (彼は支配するだろう)
audiet
(彼は聞くだろう)

複  数

1. regēmus
  (私たちは支配するだろう)
audiēmus
(私たちは聞くだろう)
2. regētis
  (あなたたちは支配するだろう)  
audiētis
(あなたたちは聞くだろう)
3. regent
  (彼らは支配するだろう)
audient
(彼らは聞くだろう)


【コメント】
 第3活用及び第4活用の直説法能動相未来形の活用語尾は、第1活用及び第2活用のそれとは形が全く異なります。以下に対比してみましょう。

第1・第2活用   

第3・第4活用

単  数

1. -bō  -am
2. -bis  -ēs
3. -bit  -et

複  数

1. -bimus  -ēmus
2. -bitis  -ētis
3. -bunt  -ent

 また、この未来形の活用語尾は、第2活用の直説法能動相現在形の語尾と1人称単数を除いて似ています。活用形を訳すときは、その動詞が第何活用であるかに注意することが必要です。以下に対比してみましょう。

第3活用の未来形    第2活用の現在形

単  数

1. regam  moneō
2. regēs  monēs
3. reget  monet

複  数

1. regēmus  monēmus
2. regētis  monētis
3. regent  monent

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_510

【本文】
 1. Observe that the future of the third conjugation is like the present of the second, excepting in the first person singular.
 2. In the same manner inflect the verbs given in §148.

【訳文】
 1. 第3活用の未来形は、1人称単数の場合を除いて、第2活用の現在形に似ていることに注意すること。
 2. 同様の仕方で、§148 に挙げられている動詞を活用させよう。

【コメント】
 1.については、前回の記事で比較をしていますので御参照ください。
 2.については、agō と mūniō を活用させてみます。

第3活用
agō, agere(追う、行う)

 単  数 複  数
1. agam agēmus
2. agēs agētis
3. aget agent
 

第4活用
mūniō, mūnīre(城壁を築く、守る)

 単  数 複  数
1. mūniam mūniēmus
2. mūniēs mūniētis
3. mūniet mūnient

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_511

【本文】
 158. EXERCISES
I.
1. Dīcet, dūcētis, mūniēmus.
2. Dīcent, dīcētis, mittēmus.
3. Mūnient, venient, mittent, agent.
4. Dūcet, mittēs, veniet, aget.
5. Mūniet, reperiētis, agēmus.
6. Mittam, veniēmus, regent.
7. Audiētis, veniēs, reperiēs.
8. Reperiet, agam, dūcēmus, mittet.
9. Vidēbitis, sedēbō, vocābimus.

【訳文】
 158. 練習問題
〔ラテン語 略〕

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

1. 彼は言うだろう、あなたたちは導くだろう、私たちは守るだろう。

2. 彼らは言うだろう、あなたたちは言うだろう、私たちは送るだろう。

3. 彼らは守るだろう、彼らは来るだろう、彼らは送るだろう、彼らは行うだろう。

4. 彼は導くだろう、あなたは送るだろう、彼は来るだろう、彼は行うだろう。

5. 彼は守るだろう、あなたたちは見つけるだろう、私たちは行うだろう。

6. 私は送るだろう、私たちは来るだろう、彼らは支配するだろう。

7. あなたたちは聞くだろう、あなたは来るだろう、あなたは見つけるだろう。

8. 彼は見つけるだろう、私は行うだろう、私たちは導くだろう、彼は送るだろう。

9. あなたたちは見るだろう、私は座るだろう、私たちは呼ぶだろう。
 1.から 8.までは第3活用及び第4活用の未来形です。9.は第1活用及び第2活用の未来形です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_512

【本文】
II.
1. I shall find, he will hear, they will come.
2. I shall fortify, he will send, we shall say.
3. I shall drive, you will lead, they will hear.
4. You will send, you will fortify,(sing. and plur.), he will say.
5. I shall come, we shall find, they will send.

【訳文】
II.
1. 私は見つけるだろう、彼は聞くだろう、彼らは来るだろう。
2. 私は城壁を築くだろう、彼は送るだろう、私たちは言うだろう。
3. 私は追うだろう、あなた(たち)は導くだろう、彼らは聞くだろう。
4. あなた(たち)は送るだろう、あなた(たち)は城壁を築くだろう(単数及び複数)、彼は言うだろう。
5. 私は来るだろう、私たちは見つけるだろう、彼らは送るだろう。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

1. reperiam, audiet, venient.

2. mūniam, mittet, dīcēmus.

3. agam, 単数 dūcēs; 複数 dūcētis, audient.

4. 単数 mittēs; 複数 mittētis, 単数 mūniēs; 複数 mūniētis, dīcet.

5. veniam, reperiēmus, mittent.

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_513

【本文】
6. Who(1) will believe the story? I(2) shall believe the story.
7. Whose friends do you favor? We favor our friends.
8. Who will resist our weapons? Sextus will resist your weapons.
9. Who will persuade him? They will persuade him.
10. Why were you injuring my horse? I was not injuring your horse.
11. Whom does a good slave obey? A good slave obeys his master.
12. Our men were eager for another battle.

(1) Remember that quis, who, is singular in number.
(2) Express by ego, because it is emphatic.

【訳文】
6. 誰が(1)その話を信じるだろうか。私は(2)その話を信じるだろう。
7. あなたたちは誰の友人たちに好意を寄せるのか。私たちは私たちの友人たちに好意を寄せる。
8. 誰が我々の武器に抵抗するだろうか。セクストゥスはあなたたちの武器に抵抗するだろう。
9. 誰が彼を説得するだろうか。彼らが彼を説得するだろう。
10. なぜあなたは私の馬を害していたのか。私はあなたの馬を害してはいなかった。
11. よい奴隷は誰に服従するのか。よい奴隷は自分の主人に服従する。
12. 私たちの男たちは別の戦闘を熱望していた。

(1) quis(誰が)は単数であることを思い出すこと。
(2) 強調しているので、ego を用いて表現すること。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

6. Quis fābulae crēdet? Ego fābulae crēdam.
 fābulae は与格です。「与格+crēdō」で「~を信じる・信用する・信頼する」の意味です。
第2文では、注(2)にあるように、主語「私」を強調するために ego を用いています。

7. Cuius amīcīs favētis? Nostrīs amīcīs favēmus.
 amīcīs は与格(複数)です。「与格+faveō」で「~に好意を寄せる」の意味です。

8. Quis armīs nostrīs resistet? Sextus armīs vestrīs resistet.
 armīs は与格(複数)です。「与格+resistō」で「~に抵抗する・反抗する」の意味です。「武器」は tēlīs でもよいかもしれません。

9. Quis eī persuādēbit? (Iī) eī persuādēbunt.
 eī は与格です。「与格+persuādeō」で「~を説得する・納得させる」の意味です。第2文の Iī はこの文の主語「彼らが」です。この主語は Eī でも、また、表記しなくてもよいと思われます。

10. Cūr equō meō nocēbās? Equō tuō nōn nocēbam.
 equō は与格です。「与格+noceō」で「~を害する、~に害を与える」の意味です。

11. Cui servus bonus pāret? Servus bonus dominō suō pāret.
 cui, dominō は与格です。「与格+pāreō」で「~に服従する・従う」の意味です。

12. Virī nostrī aliī pugnae studēbant.
 pugnae は与格です。「与格+studeō」で「~を熱望する・熱心に求める」の意味です。「戦闘」は proeliō でもよいかもしれません。alius,-a,-ud の単数与格は aliī です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_492

【本文】
LESSON XXIV
IMPERFECT ACTIVE INDICATVE OF REGŌ AND AUDIŌ ・ THE DATIVE WITH SPECIAL INTRANSITIVE VERBS

 151. PARADIGMS

CONJUGATION III

CONJUGATION IV

SINGULAR

1. regēbam, I was ruling audiēbam, I was hearing
2. regēbās, you were ruling audiēbās, you were hearing
3. regēbat, he was ruling audiēbat, he was hearing

PLURAL

1. regēbāmus, we were ruling    audiēbāmus, we were hearing
2. regēbātis, you were ruling audiēbātis, you were hearing
3. regēbant, they were ruling audiēbant, they were hearing

【語句】
intransitive:自動詞(の)
paradigm:語形変化表、活用表

【訳文】
第24課
regō 及び audiō の直説法能動相未完了過去 ・ 特別な自動詞を伴う与格

 151. 活用表

第3活用

第4活用

単  数

1. regēbam
 (私は支配していた)
audiēbam
(私は聞いていた)
2. regēbās
 (あなたは支配していた)
audiēbās
(あなたは聞いていた)
3. regēbat
 (彼は支配していた)
audiēbat
(彼は聞いていた)

複  数

1. regēbāmus
 (私たちは支配していた)
audiēbāmus
(私たちは聞いていた)
2. regēbātis
 (あなたたちは支配していた)   
audiēbātis
(あなたたちは聞いていた)
3. regēbant
 (彼らは支配していた)
audiēbant
(彼らは聞いていた)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_493

【本文】
 1. The tense sign is -bā-, as in the first two conjugations.

【訳文】
 1. 時制を表す印は、はじめの2つの活用の場合と同じく、-bā- である。

【コメント】
 the first two conjugations とは、第1活用と第2活用のことです。これらの活用の未完了過去形は Latin for Beginners_446 を参照してください。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_494

【本文】
 2. Observe that the final -e- of the stem is lengthened before the tense sign -bā-. This makes the imperfect of the third conjugation just like the imperfect of the second (cf. monēbam and regēbam).

【語句】
lengthen:長くする、伸ばす
make:~を…(の状態)にする

【訳文】
 2. 語幹末の -e- は時制を表す印 -bā- の前では長母音になることに注意すること。このことによって、第3活用の未完了過去はちょうど第2活用の未完了過去と同様になる(monēbam と regēbam を比較せよ。)。

【コメント】
 第2文の makes は、「“the imperfect of the third conjugation”を“just like ~”の状態にする」という意味になります。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_495

【本文】
 3. In the fourth conjugation -ē- is inserted between the stem and the tense sign -bā- (audi-ē-ba-m).

【訳文】
 3. 第4活用においては、語幹と時制を表す印 -bā- との間に -ē- が挿入される(audi-ē-ba-m)。

【コメント】
 第4活用では、未完了過去形は、audībam ... ではなく、audiēbam ... となります。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_496

【本文】
 4. In a similar manner inflect the verbs given in §148.

【訳文】
 4. 同様の仕方で、§148 に挙げられている動詞を活用させよう。

【コメント】
 ここでは、agō と mūniō を活用させてみます。

第3活用 agō, agere

単  数        

複  数

1人称     agēbam agēbāmus
2人称 agēbās agēbātis
3人称 agēbat agēbant

第4活用 mūniō, mūnīre

単  数        

複  数

1人称     mūniēbam mūniēbāmus
2人称 mūniēbās mūniēbātis
3人称 mūniēbat mūniēbant

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_497

【本文】
 152. EXERCISES
I.
1. Agēbat, veniēbat, mittēbat, dūcēbant.
2. Agēbant, mittēbant, dūcēbās, mūniēbant.
3. Mittēbāmus, dūcēbātis, dīcēbant.
4. Mūniēbāmus, veniēbātis, dīcēbās.
5. Mittēbās, veniēbāmus, reperiēbat.
6. Reperiēbās, veniēbās, audiēbātis.
7. Agēbāmus, reperiēbātis, mūniēbat.
8. Agēbātis, dīcēbam, mūniēbam.

【訳文】
 152. 練習問題
 〔ラテン文 略〕

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

1. 彼は行っていた(追っていた)、彼は来ていた、彼は送っていた、彼らは導いていた。

2. 彼らは行っていた(追っていた)、彼らは送っていた、あなたは導いていた、彼らは守っていた。

3. 私たちは送っていた、あなたたちは導いていた、彼らは言っていた。

4. 私たちは守っていた、あなたたちは来ていた、あなたは言っていた。

5. あなたは送っていた、私たちは来ていた、彼は見つけていた。

6. あなたは見つけていた、あなたは来ていた、あなたたちは聞いていた。

7. 私たちは行っていた(追っていた)、あなたたちは見つけていた、彼は守っていた。

8. あなたたちは行っていた(追っていた)、私は言っていた、私は守っていた。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_498

【本文】
II.
1. They were leading, you were driving (sing. and plur.), he was fortifying.
2. They were sending, we were finding, I was coming.
3. You were sending, you were fortifying, (sing. and plur.), he was saying.
4. They were hearing, you were leading (sing. and plur.), I was driving.
5. We were saying, he was sending, I was fortifying.
6. They were coming, he was hearing, I was finding.
7. You were ruling (sing. and plur.), we were coming, they were ruling.

【訳文】
II.
1. 彼らは導いていた、あなた(たち)は追っていた(単数及び複数)、彼は守っていた。
2. 彼らは送っていた、私たちは見つけていた、私は来ていた。
3. あなた(たち)は送っていた、あなた(たち)は守っていた(単数及び複数)、彼は言っていた。
4. 彼らは聞いていた、あなた(たち)は導いていた(単数及び複数)、私は追っていた。
5. 私たちは言っていた、彼は送っていた、私は守っていた。
6. 彼らは来ていた、彼は聞いていた、私は見つけていた。
7. あなた(たち)は支配していた(単数及び複数)、私たちは来ていた、彼らは支配していた。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

1. dūcēbant, 単数 agēbās; 複数 agēbātis, mūniēbat.

2. mittēbant, reperiēbāmus, veniēbam.

3. 単数 mittēbās; 複数 mittēbātis, 単数 mūniēbās; 複数 mūniēbātis, dīcēbat.

4. audiēbant, 単数 dūcēbās; 複数 dūcēbātis, agēbam.

5. dīcēbāmus, mittēbat, mūniēbam.

6. veniēbant, audiēbat, reperiēbam.

7. 単数 regēbās; 複数 regēbātis, veniēbāmus, regēbant.

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ