Latin for Beginners_1698

【本文】
 In b the subject is the army. The Gauls having been conquered by Caesar is nominative absolute in English, which requires the ablative absolute in Latin, and we translate,
   Gallīs ā Caesare victīs exercitus domum revertit

【訳文】
 文bにおいて、主語は「軍隊」(the army)である。「ガリア人がカエサルに征服されて」は英語では絶対的主格(独立分詞構文)であり、それはラテン語では絶対的奪格にすることが必要となる。そこで、我々は以下のように訳す。
   Gallīs ā Caesare victīs exercitus domum revertit.

【コメント】
 関係代名詞節 which ... は、その前にコンマが付いており、継続用法ですので、「~であり、それは ...」と訳してみました。
 本文のラテン文についてみてみます。
 Gallīs ... victīs名詞の奪格(主語)+完了受動分詞の奪格となっており、絶対的奪格の構文です。絶対的奪格の部分の主語 Gallī と文の主語 exercitus は異なっています。
 revertit は3人称単数形ですが、この動詞は現在系では形式所相動詞、完了系では通常の動詞として活用しますので、ここでは完了形です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... Latin for Beg... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。