Latin for Beginners_1817

【本文】
3. Caesar cum in citeriōre Galliā esset, tamen dē Helvētiōrum cōnsiliīs certior fīēbat.

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

3. カエサルは、ガリアのこちら側にいたけれども、ヘルウェティイ族の計画について知っていた。
(解説)
 cum +接続法”は、主節に tamen(しかし、それにもかかわらず)がありますので、“譲歩を表す cumの用法と思われます(Latin for Beginners_1796, 1801, 1806, 1807 参照)。
 citeriōre は、「こちら側の」の意味を表す比較級の形容詞 citerior,-ius の単数奪格女性形です(Latin for Beginners_1295 参照)。この語には原級はありません。in citeriōre Galliā は、直訳すると「こちら側のガリアに」ですが、ここでは「ガリアのこちら側に」と訳してみました。
 certior fīō は「知る」の意味の熟語です(Latin for Beginners_1813 参照)。「何を(知る)」は、+奪格”(~について)で表すようです。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... Latin for Beg... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。