Marigold Sky 2

ハシビロコウ、コビトカバ、スイレン、野鳥の記録です。
ブログ内の写真の無断転載を固くお断りします。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きょうのカワセミ

2011年01月31日 | 野鳥
きょうの夕方、久し振りにカワセミポイントへ行ってみました。

狙ってます




 


枝から飛び出して水中に飛び込む前にホバリングしていたんですが、私が身を潜めている位置からだと残念ながら、葦の間にちらっと見える程度。

それならちゃんと見える位置で撮ればいいのでは、と思われるでしょうが、そうすると被写体までの距離が1.5倍ほどになるので、豆粒になります・・。
他のカメラマンはすご~い望遠で撮ってますが・・。(いいなあ・・・)
超望遠でなくても、500mm位が欲しくなってきた・・。


その他の写真です。






















きょうは、続けて3回魚をゲットしてました。

ペンギン館

2011年01月31日 | ジュロン・バードパーク in シンガポール







シンガポール旅行記の追記です。(まだあるかも・・・)

エントランスの隣にあるペンギン館、ジュロン・バード・パーク唯一冷房施設のある展示館(多分)なので、暑さでばてた時は良い避暑処となります。
がっ、ベンチが少ない・・・。
ここで昼寝でもされてはかなわない、とわざとそうしたのかも。

根性で座りましたが、隣のオッサンはノートPCを開けて何やら熱心にお仕事中でした。


さて、肝心のペンギン館ですが、コンデジが壊れたため、全景を撮る事は無理で、ならば、端から端まで数枚に渡って撮影したかといえば、してなくて、広さが伝わるか心配ですが、とにかく横幅が広~い!!
そして、ガラスがとっても綺麗!!
(上野動物園のニシツノメドリの展示室のガラスも、ここまで磨いて欲しかった・・)

ハシビロ 2 号その2

2011年01月31日 | ジュロン・バードパーク in シンガポール










閉園30分前に撮った最後の2ショット



このあと 2 号は再び坂を登り、藪の中へ消えて行ってしまいました。




2ヶ月近くにわたってお送りしてきたシンガポール旅行記もこれで最後となりました

見損なった3羽目のハシビロコウに会えるのはいつになるか分かりませんが、その日まで元気で居てほしいものです。

なお、シンガポール動物園は現在隣にRiver Safariを建設中。
リアル・ジャングルクルーズのようなテーマパークらしい。
開園は2012年です。







次回の旅行は、
初日:ジュロン・バード・パーク
二日目:River Safari
三日目:シンガポール動物園
と動物三昧になるでしょう。(ナイトサファリは1回観れば充分・・)
今回は、二泊五日でしたが、三泊は必要ですな!
ホテルもベイサイドではなく、ベッドと風呂・トイレがあればそれで結構^^。

因みに今回のお部屋はこちら。






ハシビロコウ日和

2011年01月31日 | ハシビロコウ日和
 
ハトゥーウェ



アサンテ



シュシュ・ルタンガ



ミリー



サーナ



ハトゥーウェ



サーナ (左)&アサンテ

カンザクラ&メジロ@新宿御苑

2011年01月30日 | 野鳥



アートギャラリーで開催中のバードカービング作品展も観てきました










ハシビロコウ日和

2011年01月30日 | ハシビロコウ日和

アサンテ



シュシュ・ルタンガ



ミリー



サーナ



ハトゥーウェ



アサンテ



サーナ (左)&アサンテ

コバルトブルーの君

2011年01月29日 | 野鳥


アオジを思う存分撮影して水辺に降りていくと、三脚で撮影していたご婦人が「カワセミが居る」と教えてくださいました。

見ると、目にも鮮やかなコバルトブルーが!!
遠くからでも目立っています。
アオジの場所からでも充分見えたはず。
一つのものばかり集中しないで、周りも見なくては・・・。











喉を通るのか心配になるほどのサイズの小魚をゲットしたものの、飲み込むまでは行かず、バシバシ何度も地面に打ち付けたあとは、10m以上も離れた木に飛んで行きました。
後を追うと、大きな木の枝にとまっており、そこでも四苦八苦しておりました。

アオジ、コゲラ、シメ、オシドリ@新宿御苑

2011年01月29日 | 野鳥






アオジ(スズメ目ホオジロ科ホオジロ属)を見たのは初めてです。
背中しか見せてくれなかったので、そっと歩いてお腹の色が見える位置に移動しました。

青くないのに、何故アオジというのか・・・。

和名のアオは緑も含めた古い意味での青の意でオスの色彩に由来する。 (ウィキペディアより抜粋)

目先~喉が黒いのが雄なので、これは雌だと思います。





コゲラ。
樹上約6~7mの所に居ました。かなりトリミングしてます。





シメ。
逆光だったので、顔の見える位置に移動中にどこかに飛んで行ってしまいました・・・。




オシドリ。
日本庭園にある上の池の西側奥に居ます。すご~く遠い!!!!
あとで、玉藻池にも居る事を知ったんですが、きょうはそこまでは行かなかったです。池の周りを歩けるので、近くで見られるそうですよ。


新宿御苑のブログはこちら。  庭園に暮らす野鳥

ハシビロコウ日和

2011年01月29日 | ハシビロコウ日和

シュシュ・ルタンガ



ミリー



サーナ



ハトゥーウェ



アサンテ



シュシュ・ルタンガ



アサンテ(左)&サーナ

新宿のハシビロコウ

2011年01月28日 | ハシビロコウ


新宿にハシビロコウのポスターが貼ってあるという情報は1年前から知っており、昨年の3月に明治神宮に行った帰りにわざわざ新宿駅まで行って探したんですが見つけられず、ずっと気になっておりました。

昨年は詳細な場所が分からず、西口と東口を何度も往復し、小田急、京王、メトロ、都営地下鉄の駅周辺を2時間ほど歩き回って疲れ果てたので、今回はネットでブログを探し回り、
「西口・地下1階・交番のあるフロア」と、これだけの情報をもとに探しました。

結果、割とすんなり見つかりました。

「西口から、都庁への通路」の柱です。

昨年もここらあたり、歩いたはずなのに・・・。ひょっとしたら、昨年と場所が違う???

新宿のポスター、都営の動物園の看板動物の写真が多数ありました。





ハシビロコウのポスターですが、証明写真のようなフツーの顔です・・。
羽を広げてるとか、嘴開けてるところ、魚を咥えてるところ、といった動きがある写真だと良かったのに・・・。
知らない人が見ると、生で見たいときっと思うはず・・・。