独楽劇
 



いやー、月日が経つのは早いものですね。

ものすごく久しぶりにこのブログの画面を開いたら、
頻繁に記事を更新していたのは2005年~2008年頃の話。

8年くらいのブランクを経て、
ふとブログでも再開しようかなと思い立ち、いまこれを書いています。

この8年の間で僕は求人サイトのディレクターを経験し、
いまではフリーランスのライターとなって
求人原稿のライティングに追われる身となりました。

書いても書いても次から次に仕事がたまり、
そういえば昔、村上春樹さんがこういう仕事のことを
「文化的雪かき」と表現していたなと思い出し、
降り続けるこの雪は果たして止むのだろうかと
遠い目でPCモニターの裏にあるカーテンを見つめています。


しかし久しぶりにこのブログの編集画面を開いて思ったのは、
まったく更新しないブログにもそれなりに人は来てくれるんだな、ということです。

昨日も41PVがあったようで、直近だと5/18に141PVを稼いでいます。
まだライターの名刺すら持っていなかった頃の
僕の記事なんかに足を運んでいただいて、本当にうれしい限りです。
ありがとうございます。


ただ、一つだけ我が意に反することがありまして、
gooブログは「昨日1番多かった検索キーワード」なんてものを
勝手に集計してくれているんですが、

昨日の41PVのうち、1番多かった検索キーワードは


「モーニング娘 ちんちん 動画」


そうきたか、マイメン。


いやー、みなさん好きですね。
もちろん、僕も変わらず大好きですw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






PKを外すことができるのは、

PKを蹴る勇気を持った者だけ。


            ロベルト・バッジョ



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




追い込まれなければ何もしないというのは
本当に困った性分で、

先の記事の仮免も結局そのまま放置しており、
昨日、ようやく学科試験用の本を1000円で買いました。

というのも、当初は教習所に通わなければならないと思っていたものが、
実は今更教習所なんて通えるか、ボケッ。という人のために
一発試験なるものが用意されていて、
学科と路上試験さえパスすればOK! というのです。

で、今夏実家に帰省した時に車をガンガン乗り回し、
これだったらいけるんじゃね?
と親父も言うので、あらそう、と一発試験を決意。

そして昨日、学科試験用の本を買ったのです。
今後の流れとしては、
学科試験パス → 路上試験パス → 晴れて免許再取得
という流れになります。

現在、通勤電車の中だけで学科試験用の本を読破し試験に臨もうと企んでいますが、
満員電車じゃ本なんて読んでる場合じゃないし、
いつ頃読破できるのかまったく未定です。

ニーチェの言葉に、
「愛せなくば、通り過ぎよ」というのがあります。

基本何事もスルーし後回しにしてしまう怠け者は、
結局のところ愛しているモノが少ないのかもしれません。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




お久し振りです。

身辺で色々とバタついていたものがようやく落ち着きだし、
いやー、よかったよかったと呑気にドラクエの新作をやっていたのですが、
そろそろ夏ってことで「今年も帰省だけかなー」と
何気なく財布にしまっていた運転免許証を取り出したところ、
なんと期限が切れていることに気付きました。

調べると、期限が切れて半年以内なら数千円払うだけで済むのですが
半年を超えていたらそれは手続きをしても仮免の状態にしか復元せず、
また教習所に通わなければならない、とのこと。

マジかよ! 半年越えてるし!

と、方々に電話して確認したところ、どうやらマジ仮免ということが判明し、
現在途方に暮れています。
怠け者もここまで来ればリーダー職くらいにはなれるかもしれません。

車なんて元来嫌いだし、普段も乗らないし、免許なんてなくてもいいんだけど、
でも身分証明としての機能だけは捨てがたいし結局は取っとかなきゃいけないん
だろうなー、と思うと憂鬱で、
それより怠け者リーダーとなったはいいけど、
およそ20万弱かかるらしい費用をどこから捻出するんだよ!
というのもなかなか煩わしい問題です。
怠け者リーダーは昇給なしだからです。

そんなこんなで、近いうちに教習所再デビューの日が来そうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もう言葉がない。

9回裏はマジで駄目かと思ったけど、ほんと良かった。

杉内にそのまま行かせろよ! って凄い思ったけど、
あそこでダルが同点にされなかったら
10回表に神が降臨したイチローも見れかったわけで、
終わりよければ全てよし!

日本おめでとう!!!

で、イチローの決勝打でサーバーが5つ飛んだらしい
2chで見た最高のAA。



Q. 神はいると思う?


 いない┐   ┌───わからない
      │ _..-ー''''''l'''''― ..、
     ./   .l,  |     `''-、
   ./     .l  .|       \
   /ゝ、     l. |         ヽ
  ./   .`'-、    l. |           l
 │      ゛''-、 .l,|             l
  |         `'″          |
 │      さっき2点入れてた  ,!
  l                    ./
  .ヽ                  /
   .\              /
     `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″



これ面白すぎる。


だけど、試合直後のイチローのコメント「イキかけた」は
全てのニュース番組でカットされてましたね。

あそこはイチローの表情も相まって最高の爆笑ポイントなのに。
もったいない。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ご無沙汰してます。

今年一発目の更新が三月ってどーゆーことだよ、と自分でも思いますが、
ひとまずそこには目を瞑っていただくとして、
この度、図らずも債権者という立場になってしまったことをご報告します。

債権者。

対義語は債務者です。

つまり、債務(借金など)を与えてる側です。


なぜ、こんな立場になってしまったのか。

理由は、取引先が潰れたからです。


で、本日弁護士事務所から
「あんたの債権がどれくらいあるか教えてちょ」
と文書が郵送されてきました。

教えてちょじゃねーよ。

そう思わずにいられません。

倒産したと聞いた時は「マジっすか!」と驚き、
その後徐々に「オラ、なんだかワクワクしてきたぞ!」
と強敵に出会った悟空のように思っていました。

倒産に至る過程に、どのような葛藤があり、どのような話し合いがもたれたのか。

それらを知りたいと願う知的欲求が勝っていました。

しかし、こうして弁護士事務所から通知が来ると
急に現実へ引き戻されてしまいます。

債権は、一言で言うと仕事の対価として受け取っていないギャラ、つまり賃金です。

で、これが百万あります。

ここ数日、僕と同じように倒産した会社に関わっていた人間、
スタイリストやメイクさんからガンガン電話が掛ってきます。

倒産の真偽を問う者、弁護士へ返送する書類の書き方を問う者、様々です。
中には、「そういえば、前の仕事の打ち上げしないの?」と
この期に及んで頓狂な質問する者もいます。

打ち上げに呼ばなきゃいけない会社が潰れてんのにするわけねーだろ。

そう思っても、口では「したいですねー」とか言ってます。

そして、最後にはみんなこう言います。


「あのさ、どう考えてもこのお金って手元に来ないよね?」


だよなー、やっぱ。
代表者の家とか、がっつり抵当が入ってるだろうし。

百万とか痛いなー。
このお金があったら半年は何も考えなくて済んだのになー。


そんなわけで、ここに僕は一つの教訓を得ました。

債務者にも債権者にもならないのが一番いい。

やっぱり、そういうことだと思います。

みなさんも気を付けて下さい。

どうやらこの不況はマジっぽいです。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まず、あの作品の中に出てくる「THIRD-i」という組織は公安調査庁に属してるんです。

公安調査庁の詳しい説明は上のリンクでも辿ってもらうとして、
これは法務省の外局なんです。

物語の中で法務大臣が出てくるのもわかる。

さらに調査第一部と第二部があって、
だから「サード」という架空の第三部を作ったのもわかる。
その方が自由に描けますから。


ここまでは問題ない。

問題はここから。


公安調査庁は諜報機関であり、警察組織ではないので逮捕権を有していません。

逮捕状や捜索令状の請求も執行もできない。


でも、物語中ではテロリストをバシバシ捕まえてる。


いや、これはいい。

あいつら基本的に現行犯だから。
現行犯は一般市民だって捕まえていいんだから。

銃をガンガンぶっ放そうが、それも目を瞑る。
そんなに撃つなら警視庁にずーっと協力要請しとけよ、とか思うけど目を瞑る。
お前らよりSATに指揮してもらった方が絶対いいだろ、とか凄い思うけど目を瞑る。
だから逃がすんだよ、とかもうしつこい。


問題は、次。


公安調査庁というのは、要するに諜報のプロなんです。
でも、諜報だけのプロなんです。
情報の入手・分析が専門です。

なのになぜ、「THIRD-i」という組織を公安調査庁の中に作ったのか。
なぜ警察庁警備局ではなく、警視庁公安部ではなく、敢えて公安調査庁なのか。


それがわからない。


エリートキャリアっぽい感じを出したいなら、警察庁警備局で事足りる。
しかも、こちらには逮捕権のおまけ付き。

現場の緊迫感を出したいのなら、警視庁公安部で事足りる。
しかも、こちらには逮捕権のおまけ付き。
尚且つ警備部にはSATもいる。
法務省の外局より絶対スムーズに協力してくれる。

そもそも警視庁公安部部長の階級は警視監で、そんなのキャリアしかなれない。
同じマガジンに掲載されている「金田一少年の事件簿」を例にとると、
警部が剣持で、警視が明智。
その上が警視正、警視長ときて、それでようやく警視監。
というか、その上は警視庁トップの警視総監と警察庁トップの長官しかない。


にもかかわらず、敢えて公安調査庁を選んだ。


なんでだろう。

と考えて、今日、一つの結論に辿り着きました。


それは、逮捕権や現場の緊迫感といったものを捨ててでも、
どーしても「THIRD-i」という名称を使いたかったから!


もうね、これしか思いつかない。
だってあんなに格闘するなら警視庁の方が絶対現実的じゃん。

でも、しなかった。

なぜなら、「THIRD-i」という名称を思いついてしまい、
それをどーしても使いたかったから。

もし僕のように「THIRD-i」の立ち位置の納得できない人がいれば、
もうこれで手を打ちませんか?




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先月、大学時代の友人の結婚式がありました。

人間関係は狭く深くがモットーの僕にとって、
数多くのことを共有してきた友人です。

「昨日、誰で抜いたー?」
「んー、長瀬愛」
「あー、そっちかー」
「お前は?」
「仲根ゆま」

と、稲中の前野と井沢ですらオナネタを披露し合うのは躊躇うのに、
そんなことをいとも容易くできる。

というか、長瀬愛と仲根ゆまという名前を今何年ぶりかに思い出して
そういやいたなー、と無意味に感慨に耽っていますが、
そんなことはどうでもいい。


僕達が学生の頃、あるCMシリーズがありました。

三菱自動車の、「Heart-Beat Motors」。

このシリーズを、僕達は絶賛していました。

「すげー、いいCMだ」
「これ考えてる奴いいわー」

今、動画サイトで確認できるだけで9パターンありますが、
とにかく僕達はこのシリーズが大好きでした。

しかし、時間の流れは確実に記憶を風化させ、
僕はそんなCMがあったことなど、綺麗さっぱり忘れていました。



そして、結婚式当日。

式を終え、披露宴。

その最初の入場曲が、エリック・クラプトンの「Layla」でした。

「入場曲がレイラとか相変わらずおもしれー奴だなあ」

となんとなく思っていたのですが、
式が進行し、キャンドルサービスで新郎新婦が
新郎の友人テーブルに来た時、彼が一言、言いました。

「あの入場曲、お前縛りだから」
「レイラ?」
「うん」
「なにそれ?」
「忘れてるし」
「えっ?」

そこで新郎新婦は次のテーブルへ。

結局、何も解決しないまま式は終り、2次会、3次会、4次会へ。


そして昨日、式以来1ヶ月ぶりに彼と会いました。

「嫁が出張中だから」

ということで、新郎新婦の家へ。
とはいえ、二人は長いこと同棲していたので、別に新居というわけではないし、
いつも通りグダグダと過ごしてました。

その時、ふとレイラのことを思い出し、僕は聞きました。

「そういえば、あの曲ってなんだったの?」
「お前はどうしようもねえ奴だな」

とかなんとか言いながら、あまりパソコンに詳しくない友人は
四苦八苦しながら画面に1つの動画を出しました。



それが、これ (再生ボタンをクリック!)。











見た瞬間、軽く鳥肌が立ちました。

そうだ。
これだ。

夕方、友人が仮眠を取ってる間、
僕は彼のパソコンを操作し、まず今動画サイトで確認できる9パターンを
全てダウンロードし、それをストーリー仕立ての順序に並び替え、
最後に日本語訳付きの「レイラ」を繋げました。


夜、札幌へ出張していた彼女が帰って来て、
3人でピザをつまみワインを飲んで、
僕は二人に繋げた動画を見せました。

彼女は、彼が入場曲を「レイラ」にこだわった理由を、
初めて知ったようでした。

そして、届いたばかりの式&披露宴のDVDを3人で観ました。


式の入場。

なぜか新郎が半笑いで登場し、
そのことにツッコミながら笑っている新郎側の列席者。

その後の式は無事終わり、そして披露宴。


入場曲は、エリック・クラプトンの「Layla」。

その冒頭は、なぜかちょっとだけカットされていました。



まあ、そんなもんだよな。



なお、youtubeには3パターンくらいしかありませんが、
ニコニコ動画に9パターンあるので、
ID必須ですが興味を持った方はコチラをどうぞ。

つまらない大人になっていないだろうか。
免許をとった、18の春。
デートの終わりは、いつもそうだ。
こんどはオトコとくるぞー。
初めてのキスの相手は、まだ独身だった。
明日、私は結婚します。
妻を迎えに、走った。
子供の頃、私は雨が好きだった。
助手席の寝顔に、つぶやいた。

個人的ベスト3を決めるのなら、
3位は「助手席の寝顔に、つぶやいた。」
2位は「デートの終わりは、いつもそうだ。」
そして、1位は誰が何と言おうとやっぱり「明日、私は結婚します。」

今、あまりこういうCMってないから余計しみじみする。
過去の記憶と相まって。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、11/9(日)。

東京競馬場に、オグリキャップがやってきました。
名目は、「アジア競馬会議記念デー」記念。

まあ、そんなことはどうでもよく、
オグリをリアルタイムで観ていない者としては
伝説の名馬に会いに行く、というような気持ちで行って来ました。


いま考えても、1989年の秋6戦ってやっぱありえないですもん。

オールカマー、毎日王冠、天皇賞・秋、マイルCS、JC、有馬。

最近の一線級の馬なんて、年6走とかなのに。


で、そんな伝説の名馬を実際に見て、どうだったか。


まず第一に、白かった。

もうね、真っ白。

芦毛の馬が年取ると白くなるというのは知っていたけど、、
ここまでか!
ってくらい白かった。
ユキチャンより白い。


で、第二に、人が多い。

なんだよ、あの長蛇の列は。
オグリブームってやっぱ本当に凄かったんだな、ってくらい並んでた。

1000人いる、とかJRAの職員が言っていたけど、
JRAはオグリの集客力を完全に舐めてたようで、
碌に誘導しないでどうも場当たり的な感じ。

時間が経ったらそれなりに「うにょーん」って列になってたけど。


ただ、ここで問題が一つ。


午後1時50分頃、ローズガーデンにオグリが姿を現わしました(上の写真)。

そしたら、驚いたことにフラッシュ焚いて写真撮ってる輩がいる!
しかも一人や二人じゃない!
バシバシいる!

お前らさ、普通に考えてフラッシュとかありえねーだろ。
パドックでもフラッシュ禁止だろーが。
なのになんでオグリにフラッシュ焚いてんだよ。
アホか。

で、なんでJRAはフラッシュ禁止にしねーんだよ。
オグリがびっくりすんだろーが。
さっさとやめさせろよ。

と、内心思っていたら一時間並んでようやく目の前にやって来たオグリは
パシャパシャ切られるカメラのシャッター、
そしてフラッシュにもどこ吹く風で、
悠々と狭い放牧地に佇んでました。


すげーなー、オグリ。

なんかよくわかんないけど、やっぱすげーよ、オグリ。


とまあ、僕はひとしきり感動して、
やっぱ記念に一枚くらい撮っとくかと急遽写メの準備したら
普段扱ってないのでズームの仕方がわからず、
もういーや、って撮ったのが上の写真です。

フラッシュの使い方も普通にわからなかったのですが、
幸いピカッと光ることもなく安心しました。


そして、あっという間にオグリとの短いひとときも終わり、
それが終わったらもう競馬場に用はない。

メインレースを観ることなく競馬場を後に。

一応馬券だけは買っていましたが、まあ、当たるわけない。


だけど、なんかよかった。

これまで映像の中でしか見ていなかった、名馬に会えて。


詳しくは、JRAのHPのココからどうぞ。

オサリバンのコメントが泣ける。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




とうとうきました!


マラドーナ監督就任!!


いやー、これは間違いなく今年のサッカー界最大のビッグニュース!

WBCの原監督とか完全に霞んじゃう仰天人事!


選手はもう死に物狂いでしょ。

アルゼンチンのスーパースター、
神の子マラドーナが指揮を執るわけですから。


あー、楽しみだ。

マラドーナが果たしてどんな采配をするのか。

もうね、めちゃくちゃでいいと思います。

マラドーナに依頼すること自体が既にめちゃくちゃなことなんだから。

で、実際にめちゃくちゃになると思います。

なんたってマラドーナですから。

戦術とかないです、完全に。

でも、敢えて言わせてもらう。


だが、それがいい。 と。


そんな希望に満ちてるアルヘンに、この歌を捧げます。

スカイブルーのユニフォームが、2010年頂点に立つことを祈り。


Electric Light Orchestra 「Mr.Blue Sky」



マラドーナ監督就任のニュースはコチラ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ