崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

女性と同室

2018年10月15日 05時57分44秒 | エッセイ

 昨日ある韓国人が下関から釜山に帰国しようとしたが満席で、唯一女性と同室という条件で購入したという。釈迦の佛話か、寓話のように聞こえた。珍しい話である。彼にどういう女性と同室かと聞いたなかなか性別がつき難い女性か、美女かの問いに、ニコニコした。女性は保身技を持っているのかなど冗談が続いた。一般的に男性は乱暴なイメージが強い。「女性」は「女の性」、男性にとって「性」は欲しい宝物か、危険物か。そんなことを超えて、平凡に考える生活であって欲しい。今盛んにいわれるセクハラは男性への逆差別になるのではないかと考える。最近良い光を期待してLEDシーリングライトを購入した。急に作動しない。「美品」という期待からはずれ、不良品であろうと思った。メーカーは?製造国は?などを調べる。日本の有名H社である。失望した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 李光洙の親日 | トップ | 東洋経済日報に寄稿文 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒羊)
2018-10-15 18:12:35
国際市場や日本の市場で、生命の危機に直結しない、性能がそこそこ一緒の安い家電で「高品質だけれども高価」が売りになるかというと、そうでもないんですよね。長い目で見た安さよりも、目先の安さに引かれる人の方が圧倒的に多いですから。教授は失望したと言われるけれども、国際的に見れば基準は満たしているのではないでしょうか?
LEDシーリングライト (西原経徳)
2018-10-16 05:19:48
急に作動しないというのはリモコンスイッチを入れても点灯に時間がかかるということでしょうか。
普通はそんなことありません。
リモコンの場所が悪いかなんらかの原因があるはずです。
Unknown (崔吉城)
2018-10-16 06:01:59
購入店で調べ、結局故障、10日ほどかかると。H会社へ失望しました。保障期間中のもの、交換もできないという不親切を感じました。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事