崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

Amazon e託販売サービスへアップロード

2019年03月14日 05時57分01秒 | 日記

 地方に住む楽しさは多い。それは田園風景だけを楽しむわけではない。住民との生活空間、職場、地域文化、人間関係に密着しているからである。新年度には多くの人事異動がある。よそ者的存在の単身赴任式とは私の生き方は異なる。
 下関に住んで十数年、私は時々「地元宣言」をする。「地方から世界化へ」を常に考えている。一つの世界化への試みとして、東亜大学東アジア文化研究所から去る10月に出版した『植民地朝鮮映像が語る』が昨日アマゾンにアップロードした。そろそろ電子書籍キンドルでアップされることを契機に合わせたことになる。昨日韓国の留学生の金ソンゴン君に協力してもらいAmazon e託販売サービスへップロードした。これから販売が可能になる。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 編集会 | トップ | 「地元宣言」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒羊)
2019-03-14 12:41:30
>「地元宣言」「地元から世界化へ」
一般市民にも解放されている東亜大学図書館で、教授のお名前で検索をかけると一件しかヒットしないのは、ちょっと寂しいのではないですか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事