崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

崔ウィリアム司教

2019年04月23日 07時06分44秒 | 日記

アメリカ・シアトル居住の崔ウィリアム司教から手紙がきた。もう数年前、私たち夫婦が訪問し、数日間泊まり友情を交わしたが、その後二回も引っ越しして住所不明になり、ネットで追跡してアドレスがわかり手紙を送ったところ昨日返信が来た。釜山聖公会司教をされておられた時、私たちとは、80年代以降に宗教、信仰的に、韓日国際結婚者同士として友情を交わした。その方の勧告で私が牧師になれる機会があったが、私は応じず一生後悔か幸いか考えさせられている。彼は引退した後、米国に移住した。シアトル、広々とした庭園というか、山野の中で暮らしておられる。今、彼は89歳、ギリシャ原文の聖書を英語で翻訳、勉強をしているという。私が訪問した時、牧師たちが集まって私のシャーマニズム研究についての話を聞いてくれたことを思い出す。私は彼の消息をしばらく知らなかったが、彼は私のフェイスブックを読んでったおられたとのこと、嬉しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 89세 그리스어 원문 성경을 번역 | トップ | 『台湾と山口をつなぐ旅』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事