崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

日韓関係のバロメーター

2019年01月14日 05時37分34秒 | エッセイ

 拙著『慰安婦の真実』がある分野ではあるがまたベストセラーマークが付いた。なぜであろうか。嬉しい一方、気が重くなる。拙著が日韓関係が最悪ということを示すバロメーターであろうか。今の最悪の状況から「中立派」といわれる私の視覚が必要とされるのだろうか。否、読者は日本の味方を私に求めるのだろうか、おそらくそうであろう。
 日韓関係が悪いといわれても昨日の韓国人たちとの対話ではそれを気にする人は一人もいなかった。政治家とは異様な別人だという認識のようであり、一般人の間では「日韓関係異常なし」。文氏は慰安婦問題は民意が合意していないので認められないと言う、さらに「日韓合併」(植民地)も認めない。日韓国交正常化の条約も認めない。しかし「司法の判断を尊重する」という。戸惑う。価値観が混乱する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハワイ移民 | トップ | 春のような冬の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事