崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

下関国際

2018年08月10日 05時36分56秒 | 日記

 猛暑の中の甲子園球場の熱気、それは私にも伝わってきた。スポーツ競技の観戦にはどちらかと言えば応援するというよりは審判の立場で、観戦でしていた。しかし昨日の下関国際と花巻東の観戦には完全に下関側に立って猛烈に応援する気持ちだった。10年以上住みついて地元(?)の人になった感があった。延長戦の末に4-2での勝利には一人で拍手をした。郷土愛やナショナリズムも若干理解できそうである。前日の夜裏町塾で下関を愛すると言って、毎日新聞(地方版)で紹介された通りになった。排他、縄張りの頑固な郷土愛の地元にはなりたくない。日本を愛し、アジアへ、人類愛へと広げていきたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 奥さんに感謝して何かプレゼント | トップ | 「愛着」と「日本感」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒羊)
2018-08-10 22:43:48
変に人類愛をこじらせて、節操なく移民難民を受け入れた為に、数十年後にはイスラム教国家となる国がEUには多々あるとか。軒先貸して母屋取られるって諺がありますが、今のEUが正にそれではないですか?
Unknown (崔吉城)
2018-08-11 06:08:49
私の親しい人はいつもシャープな意見を言ってくれます。私の本がベストセラーになった時、彼は出版社の操作によるものかもしれないと。何故かと聞くと、アマゾンから大量に買って処分し、ベストセラーと宣伝するのではないかという。素晴らしいしこぅかも知れないが、ネガティブシンキングです。否定、否定…、彼は結局失敗が多い人生である。肯定、否定両方を考えなければなりません。
Unknown (黒羊)
2018-08-12 22:14:04
書かれた4月の一月前にはマリンホテル跡地にホテル風の海がオープンした事や、前田市長の記者会見には何らポジティブな意見が出ず、ただ 「大型宿泊施設もない。観光事業の意識が高くないといえる。」とネガティブな意見だけ書かれていた記憶が。
本当に肯定否定両面からの情報を集めてから考えていただけるのか、甚だ疑問に思います。
Unknown (崔吉城)
2018-08-13 06:50:11
参考にします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事