崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

感謝である

2019年06月15日 06時12分36秒 | 日記

 愛犬ミミが生きているだけで嬉しく、感謝である。看護、介護に最善を尽くしている。水だけ少し飲むが食べず、ただ視線を合わせてくれる。傍に一緒にいたいが私は出勤、日本文化論講義、私の現地調査のノートから沖縄の洗骨、久高島の海蛇・イラブーのことを紹介、東南アジアからの留学生たちの水葬、火葬、鳥葬など話が広がった。その後トータルビューティー学科のファションショーを見に行った。顔を知っている学生たちが照明を受けながら登場した。華麗な盛装、また、一般服もショーに登場、それにふわしいヘアスタイルをその場でショーとして見せてくれた。帰宅して、夜、1時間ほど韓国のテレビ局からの電話相談。私は日韓関係などにとらわれることなく、調査した事実に基づいて正しく編集するように、国民へ影響力のある良い番組を作るように願っていることを話した。深夜ミミの病状変化、我が夫婦の看護、介護が続いている。

コメント   この記事についてブログを書く
« 琵琶、水、お茶、入れ墨の話 | トップ | 「ちゃぶ台返し」の解散権 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事