崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

暑中見舞い

2019年08月10日 07時09分18秒 | 日記

 台風の間接影響で涼しく暮らしている。日韓の話では愛することを知らなさそうな顔が頻繁に出る。ソウルなどへ誘いの電話もあり、嬉しい。「悪化」と言われている中、嬉しい言葉ではあるが動きたくない。もう高齢であろうか。マンションから花火を楽しむことで満足しよう。
 多くの方からの暑中見舞いの挨拶やお土産に感謝する。今日は8月10日盆休みに入ろうとする。810を拙著出版社のハート(810)、逆順で「れいわ」(018)と、ハート出版社長の面白い絵(写真)の入った長野のワッサー、また上水流君から夕張メロン、上田君のジャムやドレッシング、コラムを書かせていただいている新聞社からのビール、そして沖縄の許さんからはマンゴーなどが届いた。愛されていると実感する。

コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国の反日と日本の嫌韓の質 | トップ | <죽어서라도 평가 받고 싶어서> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事