崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

『台湾と山口をつなぐ旅』

2019年04月24日 05時48分42秒 | エッセイ

  在寅氏は権力powerはあっても権威authority,charismaがない。カザフスタンを国賓訪問中の韓国の大統領がカザフスタン最高の勲章、外国人に授ける「ドストゥク勲章」を受章する、予定だったが突然中止になった。授与式の前日に突然中止になったという。勲章授与式を3時間後に控えて随行記者団に行事の中止を通知したという。私が釜山・東亜大学の「海外名士特別招請講演」を前日キャンセルされたのに酷似している。相手を高く褒めてから落とすという侮辱と恨の構造が似ている。

 それとはかけ離れる、愛しい文を読んでいる。山口出身の女性が台湾の人と結婚して橋渡しの『台湾と山口をつなぐ旅』。

 私の母の額は四角て狭く、頭髪はクセ毛で量が多い。昔、ゴーギャンの「タヒチの女」シリーズを観たとき、幼心にも母に似ていると思ったもので、私にもその特徴は見事に遺伝した。母の故郷は九州の宮崎県だが、さらに遡れば鹿児島県の隼人族にあるという。隼人族は太平洋の黒潮に乗って移動した海洋民族「オーストロネシア人」に含まれるといわれる。オーストロネシア人というのは、ミクロネシアンや、タヒチやハワイなどのポリネシア、フィリピン、そして台湾原住民などの系統民族の・・・縄文人と弥生人の混血であるわたしが、今、山口と台湾について文章を書いている。

 広く、深く、意味のある話が綴られている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 崔ウィリアム司教 | トップ | 「休日」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事