崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

温故知新塾

2014年09月17日 04時46分23秒 | 旅行
 スコットランドが英国から独立するか否かを問う住民投票が実施される。私はそのことを聞きながらその結果はとにかく大英帝国の完全燃焼という感があり寂しさとやはり先進国であるという複雑な感じがする。帝国から小国へと分裂独立へのメッセージは大きい。特に分裂独立者が大逆罪になるのが普通の国、国家主義の国家へのメッセージは大きい。国家観の変化をもたらすことであろう。国家とは何だろう。祖国、愛国などによって戦争も多く行われて、まだ続いている地域もある。国家はただの行政単位に過ぎないような存在であれば、紛争などは起こらないであろう。今も領土問題で大国主義が強化している中、このニュースはその支配者や国民に真実の意味が届くのであろうか。女王が「慎重に考えるよう願っている」と述べたことが政治的な問題に言及したとされている。世界各地の独立運動に余波が広がるとみられる。(photo by Wallstreet Journal)
 今日私は下関市と北九州市(門司区)の共同主催の温故知新塾で「国境の挟間で生きること」という演題で下関学習プラザで講演する。今、日韓関係が悪くなっているのも主に帝国主義的な残影、国家主義によるものであろう。私はその挟間で生きている。私の問題を超えて朝鮮民族の大きい試練であったサハリンの例を挙げたい。スパイと思われて朝鮮人27人が虐殺されたことである。在日の存在だけではなく、世界に広く多くの人々が国境の挟間で生きる問題でもある。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「東洋経済日報」への寄稿文... | トップ | 温故知新塾講演(続報) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒羊)
2014-09-17 12:19:06
地元下関市には、北朝鮮韓国日本の国籍が絡む「下関事件」というテーマにぴったりの事件があったのですが、何故そちらは取り上げないのですか?
Unknown (崔吉城)
2014-09-18 15:11:17
下関事件については初耳です。教えてください。
Unknown (黒羊)
2014-09-20 00:55:17
正しくは下関騒擾事件ですね。
昭和24年8月1日に韓国政府により在外韓国民登録令が施行されたことが発端(それ以前から小競り合いは起こしていましたが)の、朝連と民団の闘争事件です。
8月15日に小野田で、8月20日に下関で事件が起きています。

詳しくは下関図書館にある「山口県警察史下巻」を御覧ください。
請求番号 Y31/ヤ/2 で、811頁からです。
Unknown (崔吉城)
2014-09-20 09:50:12
 日本において朝連と民団の闘争は恥ずかしいです。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事