崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

エルサレム

2017年12月07日 06時51分20秒 | エッセイ

 クリスマスを目前にして危険なニュースが入ってきた。クリスチャンだけではない。聖書を読む人はエルサレム(ジェルサレム)は親しい。私も一度巡礼してみたいところである。平和と人類愛の発祥地として、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教がその聖地として独占しようとして争っている宗教紛争の火種、同時に政治的な紛争の核心地である。ユダヤ人とパレスチナ人が雑居したこの地域をイギリスが植民化し、イスラエルを建国させた。以後中東の紛争地となっている。そこをトランプ大統領がイスラエルの首都に認定すると言った。中東の情勢悪化を招く恐れがある。平和と和解の地が紛争と戦争の地になりそうな現象である。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拙著への関心 | トップ | 台湾国立・中央研究院の「中心」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事