崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

国交断絶

2019年07月12日 05時46分10秒 | エッセイ

 昨日も日韓関係の悪さについて書いたが嘘のよう。本日のオープンキャンパスに韓国から90余名が来るという。歓迎する。一方では韓国とは国交断絶のような冷却期があっても悪くないであろうという意見もある。互いに依存する関係は協力関係であって、それが切れる痛さを経験すべきなのかも知れない。今の日韓関係の現状では日本や韓国は協力しなくても、最低限、食べて生きるには問題がない。私は戦争期を思い出すと今は幸せに生きれると自信がわいてくる。不和は良くないと言われるが、自己反省のモーメントにもなりうる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 事実だけを報道 | トップ | 「大法院判決は妄想」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事