崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

チリ中部でM8.8の地震

2010年02月28日 05時57分15秒 | エッセイ
2010年2月27日午前3時34分(現地)、チリ中部でM8.8の地震が発生し、その津波がハワイや日本までも警戒されている。ハイチで甚大な被害が出たがそれより大きい地震が発生した。M8.8とはどのくらい大きいかは日本ではよく実感できるだろう。単なる対岸の火ではない。現地ではまだ曙の時間にもなっていないのに大難を受けた人々に慰労の声を送りたい。ラジオでニュースをキャッチしてすぐテレビを付けてみたがスケート競技や食べ物の番組がいっぱいであり、地震のニュースは出ないので、CNNで視聴した。テレビ画像は悲劇の大極の戯劇のように映ってきた(写真はNew York Timesから)。常に地球上は悲戯劇の劇場であることと感じた。
 そんな時、韓国から故金石出の未亡人であり、世襲巫として人間文化財といわれている金有善氏が亡くなったという悲報が伝わってきた。40年前から私の良い研究対象者であり、親戚のように付き合いをさせていただいた方である。彼女は私にはいつも心優しくしてくれたのを覚えている。数年前公衆浴場ですべって怪我をして歩けなくなった。数年前夫の死霊祭のクッの現場で座って踊っていたのが最後に会ったことになる。1969年当時私がまだ20代被差別巫集団に会い、以来長く村々を歩きまわりながら調査をし、多くの報告書を書いて、博士論文を書くことができたのである。今日がお葬式と言うが、死霊祭には参加して冥福を祈りたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金妍児 | トップ | スウェーデンからの悲報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事