崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「海外名士招請特講」

2018年10月27日 04時51分22秒 | 研究業績

 釜山のある大学校から「海外名士招請特講」というタイトルで招請を受けて日程調整で半年が過ぎた。小さい研究会ということを知った。日帰りの日程になった。「大きい」タイトルでの「成功談」から「小さい」「失敗談」になりそうである。頼まれる主題は大体、慰安婦、植民地、シャーマニズムが主である。明日は市内で慰安婦、明後日はシャーマニズムと講演と講義が続く。来年は大阪で在日、ニューカマーについて語る。分野が広いが決して「物知り博士」ではない。今はすべての人がスマートフォンなどを持って物知り博士になっているように思える。ハーバード大学のサンデル教授の授業映像を学生たちに見せながら「女性らしさ」を女性が売り物にするのか、男性の性差別なのかなど根本的な思考や問題点に迫る講義を目指している。社会で切迫している問題に関して根本的に問いかける紙本、電子冊子を書きたい。また語りたい。お知らせがある。大阪の第七芸術劇場シアターセブン06-6302-2073「映像×民俗」について語る。*2018128日(土)『冥界婚』(2016/1999年撮影/104分)監督北村皆雄氏と対談。2016年枕夢獏氏(写真)、2017柳美里氏と、今度の北村皆雄氏とで三回目のトークショー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 李良姫『民族分断と観光』 | トップ | 愛犬ミミにハーグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究業績」カテゴリの最新記事