崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

女性の下着が変わる

2019年05月24日 05時25分20秒 | エッセイ

 風雨が去り、日差しが気になる。蘭類は黒いネットで囲んで日陰を作った。私は20余年前から日傘を使っている。帽子を被る人が多いが、それはファッションのようであり、私は被らない。昨日の毎日新聞の「余禄」に江戸幕府が男性の日傘を禁じたと書かれていた。王座の権威の象徴のようなものであり、一般庶民には禁じたということであろう。私は合理的であれば恥も外聞もなく使ってきた。今、日傘は健康上、男性にも進められている。アメリカでは女性の下着が変わるともいわれている。下着泥棒が話題になるほどセクシーな下着は変えるべきかも知れない。そのような思想が先進文化であろう。昨日読書会でメンバー揃って私の新著の題を『世界の植民地:旅しながら考える』と決めた。終わって帰る途中で櫛田学長と偶然に出会い、読書会メンバー全員で挨拶をした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 民族とは何か | トップ | 「分からない」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事