崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

幸運の日

2019年05月16日 05時57分36秒 | エッセイ

 昨日は幸運の日のようだった、韓国と日本からの電話メール、「先生の日」だという。日本にはない韓国記念日である。先生は社会的ステータスと収入の面でも優遇されている。教育を大事にする。韓国の近代化はその力が多きい。昨日アマゾンで再び久しぶりに昨年に出した拙著『慰安婦の真実』にベストセラーマークが付いた。電子ブック出版、世界からKindleで読める新著が出た。遠くから来られたお客からご馳走になった。昨日は特別「運が良い日」だった。特別、幸せを感じる運の良い日もあるのだろうか偶然であろう悪運日もある。韓国では運が悪いことを「財数がない」という。経済的に思うからであろうか。ただ、物事が生じ、消えるだけなのに、人々はだと思っているのだろう。見る「運勢占い」がある。昔、私は村山智順の『朝鮮の占卜』を分析したことがある。

コメント   この記事についてブログを書く
« 운이 좋은 날 | トップ | 「謝罪」個人と国家、個人と歴史 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事