崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

人質「敵の手も借りる」

2013年01月19日 05時30分56秒 | エッセイ
 多くの人は平和のために反戦の思想を持っている。戦争は平和を壊し、命を奪うからである。世界大戦などは避けられるようになったが大困難なテロや人質事件が時々起こっている。世界的に大変困っている問題である。子供の誘拐、拉致など破廉恥な事件が世界各地で起きている。いまアルジェリアの天然ガス関連施設がイスラム武装勢力に襲撃され、多くの外国人が人質になって死傷をしている。
 私は人の命を盾にする事件、特にイスラムという宗教を背景にした事件として許せない。命や人権を尊重する国が先進国である。アルジェリアの迅速な対応は良いが命を最優先する日本、アメリカ、イギリスなどの意見を受け入れて対処すべきであると言いたい。非常に不思議な思いもある。アルジェリアとマリはフランスの植民地であった。そのマリがフランス軍に支援を要請して、空爆を行ったということである。私はフランス植民地の影響を見るためにイギリスでアフリカ植民地研究者に会って意見を伺ったことがある。それはフランスが植民地に同化政策を取ったとされており、日本はその植民地政策を参考にしたと思って調査しようとしたからである。植民地朝鮮の『朝鮮』にはアルジェリアのフランス統治についてしばしば掲載されている。今のマリとアルジェリア政府が旧宗主国であるフランスに軍事的に支援を要請したということは韓国などではありえない異様な状況と言える。本当に困った時は敵の手も借りる。それが普遍的なことかもしれない。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 「ナドリ通信」への寄稿文「... | トップ | 人生はドラマではない。ただ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカ フランスで プログ検索中です (村石太ダー&デニム&ジーンズ)
2013-01-19 11:12:10
世界が 平和になれば 軍事兵器にかかる費用
兵隊に かかる費用をなくして 違うことに
費用や努力などに 使えるのにナァ。
今回の テロ事件 恐ろしいですね。
早く 安全に 解決してくれないかなぁ
なぜ このテロは 起きたのかなぁ
犯行動機は なんだろうか?
政治研究会(名前検討中
武器の生産と輸出 (倉光誠一)
2013-01-19 15:21:22
 ネパールも10年間にわたって政府軍と人民解放軍(マオイスト)の内戦が続きました。しかし資源もなく貧しくて近代的兵器のない国ですから、比較的被害が少なかった。アフリカや中東などに近代的な兵器を売る国の罪は大きいのではないでしょうか?軍需産業が国の経済を支えるような国にとっては常に何処かで紛争や戦争が起こっていなければ!平和は困った事なのです。日本がそんな国になりませんように!
平和へ祈り (崔吉城)
2013-01-19 18:22:59
 アラブの春が南向けになればよいかと思ったらテロのこと、とても残念なことですね。平和を祈ることしかできません。
Unknown (黒羊)
2013-01-20 04:48:49
>アルジェリアの迅速な対応は良いが命を最優先する日本、アメリカ、イギリスなどの意見を受け入れて対処すべきであると言いたい。

教授の言われる人命人権が、人質に対してなのか犯人に対してなのかは疑問ですが、死刑を廃止した先進国であっても、それぞれが軍や警察に対テロ、対凶悪犯対策に特殊部隊を抱えてますから、過度な抵抗あれば簡単に犯人を射殺しますし、突入時ある程度の人質の死亡は覚悟するのですが、どの辺りに人命人権の優先があるのですか?程度の差こそあれ、対応はアルジェリアとそう変わらないのですが。

>倉光誠一様

はじめまして。横から発言お許し下さい。

兵器輸出国がお嫌いなご様子。お隣りの国韓国は、最近兵器輸出を積極的にしていますし、アルジェリアには旧ソ連や中国が兵器を輸出しているようですね。
例えばの話、アルジェリアに対して兵器の輸出が無かった場合、今回の件では資金の豊富?なアルカイダに蹂躙されるだけだったと思います。その辺り、どのようにお考えですか?
Unknown (崔吉城)
2013-01-20 06:34:53
 大変難しい問題ですね。小人数を犠牲にしても多くの命を助けることができる場合でも無辜な人を犠牲にさせてはいけないのがポイントです。広島と長崎の人を犠牲させて日本やアジアの圧倒的多数の命を助けたという論理になるかねない理論でしょう。それについては二つの相反する態度があります。
 もう一つは犯人側の問題です。昔独立運動をした人たちは愛国とか聖戦と叫んだですが、その立場からも考えるべきでしょう。深く考える問題を提起してくれまして有難うございます。
Unknown (黒羊)
2013-01-22 05:12:48
上手く伝わるかは不安ですが。
・無辜な人を犠牲にしない為に、抵抗する武装勢力の人命人権は無視して構わない、って考え方が、そもそも人命人権を優先しているのか。

・今回の件で先進国の言う人命人権を優先する為に行動しようとすれば、アルジェリア軍に高度な連携が求められますが、高度な連携を求めれば常日頃の専門の訓練が必要ですし、常日頃の専門の訓練には多額の費用がかかります。軍需費が増大すれば、何処かの費用を削らないといけない…ってのを弱小国に求めるのは酷では。

・「ん?テロに困ってんの?軍隊貸してやろか?何なら駐留しとこうか?」ってのは、大国の常套手段では?
Unknown (崔吉城)
2013-01-22 09:28:06
 innocent people 無辜な人の概念はWolzerによれば戦争に関わっていない一般人であるが、それは実際のところ難しい概念でしょう。その意味ではテロリストからみて外国人労働者も全くinnocentではないでしょう。しかしニューヨーク貿易ビルのテロははっきり一般人を対象でしたと言えます。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事