崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「頑固な先生」

2011年02月28日 04時57分02秒 | エッセイ

昔10年以上勤めた啓明大学日本学科出身の同窓会長白雲鶴君と副会長の金相敬君が一昨日訪問してきた。グランドホテルで夕食をご馳走になった。彼らは同期生の合同で作った韓国の伝統的な餅と料理を運んでくれた。9月の日本学科行事の日本語の演劇発表会に我夫婦を正式に招待してくれた。もちろん快諾した。入学30周年も過ぎて50代になっても忘れず恩師と思い連絡したり訪問してきたりする。白君は二年生の時在学中結婚した「学科カップル」であり、勉強ができず試験の時は試験監督の厳しい私のイメージを語り、金君はサッカーなどの学生時代の話、それは夜遅くまで続いた。多くの卒業生たちは時々共通の話題に我が夫婦が登場するという。悪くと良くも忘れず思い出してくれるという。
 当時の私の総合的なイメージは「頑固な先生」という。話はどんどん私の教員、学者への評価に話が移っていった。私が日本語で講義したり日本学科に日本人教員を招請して日本語を集中的に教える教育システムを装備して日本学科から多くの大学や高校の教員が出たと評価してくれた。私は当時の彼らのクラスメートを一人一人名前と印象を話題にした。卒業生たちは同期中心で横関係があるが、私は彼らの先輩後輩など縦関係も知っていて話は縦横関係で広がった。午前中は長府博物館、午後は東広島の祝賀会の後であり、私は大部疲れていたはずだがそれも感じることなく楽しかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金田先生受賞祝賀会スピーチ | トップ | 大学入試不正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事