崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

『歴史通』にインタービュー記事

2018年07月12日 05時39分44秒 | 日記

 朝の5時半クロアチアの勝利、楽しかった。すばらしかった。スポーツゲームの観戦から考える。自国と他国とのゲームにしか関心のない人はナショナリズム、味方の応援であろうが、それとは違う観戦があるはずである。他国と他国のゲームを観戦する、それが本当の国際的観戦であり、それこそスポーツを本当に楽しむことであろう。昨日WAC出版から出対応8月号に私のインタビュー記事が掲載されている『歴史通』が届いた。また来週は沖縄名桜大学での講演のお知らせが届いた。

平成30年度 第1回国際文化専攻FD研修会 

 日時 平成30年7月20日(金)17:00~19:40
会場 210教室

対象教職員、学生、市民

 

テーマ「軍と性」

 

 

時 間

内  容

16:30~17:00

受 付

17:00~(10分)

開会の挨拶(司会:屋良健一郎)

17:10~(10分)

趣旨説明、経過説明(李鎭榮)

17:20~(40分)

 

テーマ「戦争と性」

 ■講演者 東亜大学東アジア文化研究所所長 教授 崔吉城

18:00~(20分)

質疑応答

18:20~(20分)

テーマ:「韓国と沖縄における米軍犯罪と言説」

■発表者 釜慶大学日本学科 教授 趙正民

18:40~(10分)

休憩

18:50~(20分)

ディスカッション 及び 質疑応答

19:10~(30分)

総合討論

19:40~(5分)

閉会のあいさつ

 名前:嘉納英明

19:45

終了

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 筑豊の戦後 | トップ | 「元NATO軍軍医、ドクター・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事