崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「敵対双方」の観光

2018年09月23日 06時05分03秒 | 講義

 「楽しい韓国文化論」が始まった。帰ってから+字体形に寝転んだ。楽しむ韓ドラ視聴も非盲似夢になった。新学期が始まった実感もした。日本人に人気のある韓国観光スポットの一つの板門店、昔私は「敵対双方」の観光だと書いたことがある。3年間の朝鮮戦争の疲れて、終わりに結ばれた休戦線、その接点JSAについて語った。観光地らしい自然環境として観光資源のないところが人気ポイントになったのはなぜであろうか。南北の敵対、緊張と恐怖、その背後には「禁断の金王国」の存在が観光資源になったこと。国民はなぜ戦争をしたか、共産主義も民主主義も知らないのにただ命令によって戦って犠牲になった戦争である。その戦争の中で生き残っている私の体験談は小説のようである。昨日参加者の二人がその本を読んで持って来てサインを求めた。嬉しく署名した。私は戦争体験から戦争について書いた。日本やアメリカでは新聞記事などスクラップして集めて分厚い本を書いて大家となった人がいるが、私は彼らとは全く違う。それとは質的に異なる。研究室では長い談笑が続いた。「楽しかった」、成功的な講座の始まりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「善戦」 | トップ | 敬老 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講義」カテゴリの最新記事