崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

いじめと喧嘩の戦い

2019年07月16日 05時27分21秒 | エッセイ

 我が愛犬ミミが大部回復した。まだ歩けないが昨朝だ、家内が抱っこして散歩した。ミミのために家内の韓国旅行はキャンセル。日韓関係は悪化一路、今の日韓関係について韓国通の一人の黒田勝弘氏は韓国の「喧嘩ごし」と言っておられた。喧嘩や戦争も文化であろう。韓国の文化、パフォーマンスでもある。著名な文化人類学学者末成道男氏は韓国の市場で喧嘩の現場を目撃して「何人か死んだのではないか」と私に質問したことを覚えている。
 一般的に韓国人の喧嘩は日本人のような怖いものではない。子供に「人は喧嘩しながら育つ」と言うことも多い。親は「子に喧嘩に強い逞しい男になれ」と。しかし卑怯ないじめをしてはいけない。喧嘩の現場観察を書いたことがある。口喧嘩で見物人(?)に自己主張、暴力、和解の過程が見える。始まりと終わりがある。日本人は喧嘩はしない、いじめと殺人になりやすい。日本人の喧嘩は怖い。いじめと喧嘩の戦いである。

コメント