崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「分からない」

2019年05月25日 05時39分33秒 | 講義

 朝8時前に出勤して日本文化論の講義にプリント資料、PPT、映像など数時間準備をして午後から講義をした。映画「サユリ」をカットしながら見せて、日本と中国からの非難された点に絞って話した。日本人からは日本文化が正しく紹介されていないと、中国から芸者=売春婦の役が中国の有名俳優になっていることへの非難である。フィクションとドキュメンタリーの差、文学や映画とドキュメンタリーと区別できていないことこを問題点にしぼって説明した。しかし「分からない」と、理解していない。私の説明が足りないか、学生たちの日本語の能力の問題であるか、大いに失望した。来週からはレベルを下げようと考えた。
 その直後、熊本から熊本学園大学東アジア学科の柴公也教授が来られ話が長く続いた。彼とは初対面であるが日韓の私の学脈関係、恩師などまで、さらに私の経歴から研究の内容まで深く、細かく話題を提供してくれた。シャーマニズムから韓国文化を理解しようとしているという。講義で失望して談笑で報われた嬉しい昨日であった。

コメント