崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

私の読書法と映像鑑賞法

2019年05月08日 05時57分53秒 | エッセイ

 我が家は新築状態に復元したかのように奇麗になった。家内の姉が連休期間より長くおられ、生活を一緒にしながら清掃をしてくれた。履く、拭く、磨くという分け方があるが、彼女の清掃はそのレベルをはるかに超えたコンピューターの復元モードであろうともいえる。それと合わさったようにその期間、私の読書、執筆、映像やドラマ鑑賞も質をアップグレードした。私の研究のための読書法を紹介する。まず本文をスキャンして読みながらリライトする。解体と再構成のニュークリティーズム批評論で学んだ作業である。昨日は「南太平洋South Pacific」を映像分析のように鑑賞した。英語のトーキーと英語字幕でミュージカルを楽しんだ。ハワイの隣島での撮影、景色と恋愛だけで楽園のような映画のようであったが突出する台詞、アメリカで教育されたtaught憎しみと戦争の心を抜き出せるパラダイスparadiseへというセリフに私は大きく感動した。映像分析の楽しさの最高潮であった。

コメント