崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

辞令を受領

2019年04月02日 07時23分01秒 | 日記

 4月1日東亜大学学長から東アジア文化研究所所長の辞令を受領した。感謝である。新元号と共に新しい時代が始まる。留学して日本に居を移して生きる私は留学生に教えることが嬉しい、幸せである。

 私は日本人になりきっていない。新年号が決まっても嬉しいという感情は湧いてこない。日本で基礎教育を受けていないからであろうか。韓国でも檀紀という元号が使われたことがあった。西暦に2333を足して使用した不便さを覚えている。すでに使用しなくなっている。西暦だけでも不便ではないのに元号は日本のナショナリズムだろう。

コメント