動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

残り雪

2018年02月21日 | 可愛い子とご家族のお話
この冬は4年ぶりに関東地方に大雪警報が1月に発令、その後も肌を刺すような寒い日が続き積雪から10日経っても日陰の隅で雪の塊が小さくなりつつ鎮座する光景を至る所で見にしました。
梅の蕾が少しずつ大きくなり始め乾燥した冷気の中、やはり数年前の今日のような寒い数年前の2月に猫さんを亡くされた方がお塔婆を立てにお参りにいらっしゃいました。
この方のお家は先々代から市内で小さな商店を生業として創業時より近所の彷徨く猫が寄り付き半ば猫の方からなし崩しに飼われにくるのが常らしいです。
これまで三毛猫、トラ猫、キジ猫様々な毛色が居ましたが大雪から数日後の小さくなった残り雪を軒先で目にすると白猫が寝転んで人を招いてる姿に見えてしまう、とおっしゃいました。
皆さんもふと目にした光景の中に可愛い子を思い出す事はありませんか?



コメント   この記事についてブログを書く
« チョコレート | トップ | 可愛い泥棒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

可愛い子とご家族のお話」カテゴリの最新記事