動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

出戻り娘

2018年06月16日 | 可愛い子とご家族のお話
梅雨の合間、これまでも亡くなったワンちゃんの火葬を請け負った方へ何度目かのお迎えをいたしました。
訪問先の軒先でご近所の方が出迎えて下さり、玄関から依頼されたご夫妻が箱に納まったワンちゃんを大事そうに小脇に抱え自動車に同乗しました。
今回火葬されるワンちゃんは数年前火葬されたワンちゃんの子供で、生後半年で親戚の方に里子に出したそうです。
それから10年の歳月が経ち行った先の飼い主が病に伏し、とても犬を飼える環境では無くなり話し合いの結果、お家に連れ戻しました。
「まるで嫁に行った娘が出戻りした感じだった」と、ご家族は当時の気持ちを素直におっしゃいました。
その後「嫁ぎ先」の主は回復する事なく故人となりましたが、その方の分までワンちゃんを可愛がって過ごしました。
斎場におきましてご家族は亡くなったワンちゃんの名前を何度も呼んであげてお別れとなりました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨寒 | トップ | 通信紙第112号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

可愛い子とご家族のお話」カテゴリの最新記事