動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙第113号

2018年07月28日 | 通信紙版バックナンバー
平成30年(2018) 8月





{盂蘭盆会行事について}
可愛い子たちのお盆のご供養を以下の日程で予定させていただきます。
期日:平成30年8月15日(水)読教時間:午後1時より
施餓鬼のお塔婆も受付しております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~7月のSNSより~
・今週も危険な暑さが続きそうですね。
屋外活動をされる方はこまめに塩分、水分補給と休憩をとり熱中症を防いで下さいませ。
ワンちゃんのお散歩も陽が昇る前、陽が沈んだ後にしましょう。
夕暮れ過ぎ、隣接する森の奥からヒグラシの羽音とともにフクロウの鳴き声が聞こえます。
姿を見せない森の住人を模した置物を休憩所に配置いたしました。



・毎日暑い日が続きますね。
今朝は曇り空、30℃を下回ると多少は涼しく感じます。
二つある片方のメダカ鉢のホテイアオイが花を咲かせました。
水面に浮かび風に揺られる姿はまるで蓮の花に様に見えます。
花言葉は「恋の楽しみ」「恋の悲しみ」
水面に浮かぶその姿にちなんで「揺れる心」という花言葉も付けられています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

黒アゲハ
暑さみぎる7月の朝、県内に於きましてワンちゃんとご家族をお迎えしました。
ご家族は一週間ほど前に体調を崩し寝たきりになったワンちゃんを、それまでの庭の小屋から冷房の効く建物内で看病をしておりした。
飼い主である娘さんは難病生活を強いられワンちゃんの介護はもっぱらお母様が担い、亡くなるまでは床擦れにならぬよう寝返りをさせたり傷の消毒の施しをなさっておりました。
葬儀当日、準備が整いお迎え待ちのひととき、ご家族がこれまでの思い出話をしておりますとどこから入ったのか黒いアゲハ蝶が家の中で羽をぱたつかせお母様の肩に落ち着きました。
さほど驚く事も無くお母様は懇談の仲に加わった小さな生き物を羽が痛まぬ様に両の掌で優しくつまみ窓の外へ放しましたが舞い戻り再び肩に乗る・・これを2回繰り返したそうです。
私がお迎えのチャイムを押すと同時に黒アゲハは何か役目を果たしたかの様に外へ飛び立った姿に「きっとお母さんにお礼を言いに来たんだよ」と亡くなったワンちゃんが姿を変えて最後のお別れをしてくれたんだ、と娘さんが労いの言葉を掛けておりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版PDF


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 黒アゲハ | トップ | 猿発見! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

通信紙版バックナンバー」カテゴリの最新記事