前略、大宮アルディージャさま~♪-本気で上位を目指すのかー

大宮アルディージャに伝えるべき事は、伝えていくブログです。
さいたまダービーは、大宮公園サッカー場で開催支持派!

前略。大宮 連敗中だからと容易にメンタル論に逃げたくないんだけど。

2013年08月11日 | 選手たちへ
昨日のセレッソ大阪戦、スタジアムに行きましたよ。大宮は負けましたが。

連敗で、大宮ゴール裏で気合論の応酬らしく、応援の仕方が話題ですが。そんなもので選手達が奮起するとか関係ないと思うので。
応援する側の精神論は、サポ同士でやって欲しいのですが。

選手から敗戦のコメントして、「メンタル」というキーワードが出てる。Twitterでも「メンタル」の問題だとしている。
ここ数年で思うのは、あまりメンタル論って関係ないかな?って思う。勝ちたい気持ちとか、死ぬ気で走れよ!とか。

確かにそれって大事だし、スポーツはメンタルの塊なんだけど。負ける度に、メンタルが足りないとメンタル論に逃げるのは好きじゃない。
昨日の試合だって、全て大宮がメンタルでセレッソに負けていたのか?

そうじゃないと思う。後半も3失点後、中盤からロングボール入れてセレッソDFラインを下げたり、ノヴァ入れてセレッソの最終ラインを上げさせないとか。
戦略的な部分も多かったはず。得点シーンも増えてきたし、ちゃんとやるべきことをやれば修正してきた大宮。

大宮が決める時に決められないのは、技術の問題であってメンタルじゃない。サポも選手も、メンタルって言っておけば楽だから。

どういう枠組みで戦うか?で勝敗の確率って大半が決まってしまうと私は思う。その意味では試合前から勝敗の半分以上は決まってしまうかもしれない。
だから監督の選手チョイスや戦術指示などはとても大事。もちろん当日の天候などあらゆる要素を分析して、ピッチに送り出す。その上で選手のメンタルが
ようやく話題になる。

メンタルが先にあるんじゃなくて、ベルデニック監督がいう「戦い方」がまず先にある。


ここまで書いて、メンタル不要論か?というとそうでもない。ピッチにいる11人が全員メンタル弱かったのか?と言えばそうじゃない。
しかし一人でも弱さを持ち出すと、恐れは伝播する。恐れているかどうか、はパスの出す方向でも分かるし、シュートかパスか?の選択で分かる。

例えば、ヨンチョル。彼はメンタル強弱で言えば「弱い」。正確性を重視、冒険をしない。指示に従順で危険を冒さない。
前半に何度かあったけれども、バイタルエリアで得意ドリブルしているのに、外に逃げるパスをした。FWが得意な形でゴール迫るのに、逃げるパスを出す。
そういうプレーは味方にも恐れの伝播を拡張する。

またズラタンがサイドに開いて、ヨンチョルの得意な形を作ってあげたのに、パスを選択するなど。シュートを打つべき場所で相手に、最終決定を
委ねた彼には落胆だし、FWの資格はないと思った。

個人攻撃してもしたかないけれども。

開幕前。大宮の選手達は言っていたはず。ベルデニック監督は選手達に失敗を容忍したと。失敗してもいい、まずはチャレンジした結果を引き受ければと。
でもヨンチョルを代表するように、失敗を恐れてそれを自分で引き受けられない選手がいる以上、先発チョイスするベルデニック監督へは、疑問を持つ。


チーム事情あるだろうし、高いお金かけてるアジア枠。ベルデニックサッカーに本人も適応しようと努力しているだろうけど。ノヴァとは思考も志向も違う。
メンタル面を持ち出すなら、ノヴァはヨンチョルの消極プレーにいつも怒っているし。練習で良いプレー見せてるし、ノヴァもヨンチョルのポテンシャルを観てめているからこそ、
本番でしない事に本気で怒っているのをよく観る。

チャレンジしない精神に、失敗を恐れて判断遅れてチーム全体のリズムを崩す事に、私も同じ位怒りたい。


来年もベルデニック継続なら、まず一番に外される。いいものは持っている。彼が思い切りの良いプレーをしない限り...メンタル論で語るなら、彼はスタメン陥落を希望。


ただ、私はメンタル論だけを強調したくない。


メンタル出す前に、やるべき事があるだろう。原点に戻る事!

戦術的に戦略的に忘れている事が多過ぎる。勝利に勝ち点に傲慢になってきたんだろう。
もう一度、前半戦の原点を反省する。それだけでかなり修正できると思う。


連敗している事をメンタルを理由に逃げ込む事は危険。それって思考停止と一緒だからね。発展性ないよ。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 前略。大宮 名古屋グランパ... | トップ | 前略。大宮 大宮共闘ってな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

選手たちへ」カテゴリの最新記事