前略、大宮アルディージャさま~♪-本気で上位を目指すのかー

大宮アルディージャに伝えるべき事は、伝えていくブログです。
さいたまダービーは、大宮公園サッカー場で開催支持派!

前略。大宮 ベルデニックを継承しない小倉サッカー?クラブは今後どうしたいのか?

2013年09月22日 | 試合の感想
ベガルタ仙台戦に行きました。結果は負けです。

ベガルタ仙台らしい勝ち方で、自分達の戦い方が浸透している事を改めて見せつけられました。

さて。大宮アルディージャの今年。昨年からの好調で首位にも立ち、自信や驚きを各方面に振りまきながら。
現在9月では、首位からどんどん下がって中位にいます。

これをどう見るのか?ですけど。残留争いをしていたクラブとしては、贅沢過ぎる程のドラマがあり。
でも本気で優勝なども思い描き、しかしネガティブシンキングも漂い。でもどこかで期待もして、曖昧模糊とした半年でした。

毎年残留争いしていたクラブが、優勝争いのノウハウを知るはずもなく。もちろんベルデニック解任なんていう珍事も起こし、
それで冷静でいられる大宮アルディージャサポ達は、偉いと思う。盆と正月が同時来たとは言われるけど、サポ側の経験値もなく、
よく耐えているよな、と本当に思います。


紆余曲折の中、大宮アルディージャの、シーズン残りはどうするのでしょうか?
優勝ですか?ACLですか?優勝を掲げて一桁台の順位、もしくは残留。

最低限の残留なんてのを、売り文句してJ1を毎シーズン終えてきたクラブにとっては、どんな結果になろうと批難は受けないという
前提がある以上、フロントは批判される事はないでしょう。

と、思うのが普通ですが。

おそらくそれはサポやファンへの裏切りだと思います。
大宮共闘のフレーズを使い、大勢の人を巻き込んだまでは良かったけれども。
ベルデニック監督を解任して、フロント自ら大宮共闘を破った。ベルデニック監督の選手起用固定による戦い方が「共闘」になっていないというのが
大宮フロントの下した決断なのでしょうが、それはどうなんだろうと。

過去の事でしょうが、ベルデニック解任から、シーズン残りの目標を失いました。勝点53としました。しかし逃げ道も作っていて
それはノルマではない、という事も了承して小倉監督就任を了承しました。

小倉監督の能力を全否定しませんが、監督としてはどうなのか?もあります。それは今日の試合でも、
試合終了後スタジアムを帰る、しかも終わりのホイッスルが聞かれる前に、聞こえてきた感想でした。

そんなに小倉監督の采配がダメだったのか?自問しましたが、試合終了前に帰る人達の声に、頷く自分もいました。


小倉監督への不信感。大宮フロントの過去の決断を蒸し返す雰囲気、結果が出ない連敗などなど。


全てはクラブの方向としてのブレが、どこかに残る事への疑問に思えるのです。

まずは残り試合、何を目標にして戦うのですか?
戦術の浸透に時間を使います!ですか?
ACLですか?
いやいや、スタジアムに来てくれる人達が楽しく帰ってくれればいいんだよ!ですか?


このままでは、昨年からのベルデニックバブルが膨らんで弾けて、入場者数が増えて終わりという。
昨年を思えば、今年は上出来。全てが上出来。文句言われる事は何もない。全て数値的に。

勝点53を除いては。。。まだ目指しましょうよ、勝点53。勝点53取るサッカーしてないから、
懐疑的なんですけどね。








『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 前略。大宮 勝ち癖を付けよ... | トップ | 前略。大宮 さいたまダービ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事