漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

本日、土用の入り&土用の丑の日☆

2018年07月20日 08時18分42秒 | 健康効果
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

7月20日(金)の山形県酒田市は、雲ひとつない夏空が広がり、朝から真夏の日差しが照り付けています。

今日の天気は、晴れ、最高気温は30度、最低気温は22度、降水確率は終日0%の予報となっています。

本日7月20日(金)は土用の入り、そして「土用の丑の日」です。

今年の「土用の丑の日」は、7月20日(金)と8月1日(木)の2回、鰻を食べる機会が増えるのではないでしょうか。

「鰻」は、DHA、EPAをはじめビタミンA・B1・B2・Eなどといった栄養素を含む大変栄養価の高い食べ物、夏バテ防止のために1度は食べたいですね。

そこで、「鰻」のお供に忘れられないのが「奈良漬」です。

このブログで、「鰻」と「奈良漬」の相性が良いということは、幾度となく申し上げております。


漬物の梨屋「奈良漬」



それは「鰻」に含まれるDHA、EPAをはじめビタミンA・B1・B2・Eなどといった栄養素を体に吸収しやすくする働きが「奈良漬」にはあるからです。

これには、「奈良漬」に含まれる「メラノイジン」という茶色の色素が大きく係わっています。

「メラノイジン」は、ビタミンやミネラルの吸収を助けるだけでなく、抗酸化作用があり、老化防止やがん予防にも役立ちます。

「奈良漬」のこの色素はどこから来たのかと言いますと、「酒粕」です。

日本酒を造るときに副産物として出る「板粕」を踏込、夏の土用を越させて自然熟成させると、茶褐色の「練粕」が出来上がります。

「奈良漬」は、この「練粕」を使い、幾度も漬け換えを繰り返し作る漬物です。

「奈良漬」が「鰻」の脇役として健康効果を発揮できるのは、自然熟成した「練粕」のお蔭です。

先人の知恵と食べ合わせのチョイスの素晴らしさに、ただただ感服するばかりです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 先週末から「堅瓜の奈良漬」... | トップ | ようやく浅漬け用の小茄子が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康効果」カテゴリの最新記事