木全賢のデザイン相談室

デザインコンサルタント木全賢(きまたけん)のブログ

中小企業のデザインのお悩み、なんでもご相談ください!!

1-4「製品は流線形の洗練を受ける 」その2

2021年02月20日 | 家電デザインの話をしよう(デザイン家電はなぜ四角くてモノトーンなのか?)
2014年に上梓した拙書「デザイン家電は、なぜ『四角くて、モノトーン』なのか?」(エムディエヌコーポレーション)で唯一心残りだったのが、取り上げた新旧の家電製品写真350枚がモノクロ写真だったことです。これから、本文と一緒に隔週で少しずつ350枚の製品写真をカラーでお届けしていきます。今回は、第一章「面白い家電デザイン」1-4「製品は流線形の洗練を受ける 」(その2)です。流線形は1930〜40年代のアメリカで〈デザイン=流線形〉と言われるほど流行しました。 . . . 本文を読む
コメント

悪徳デザイナーの手口と見分け方

2021年02月06日 | 生きのびるための中小企業デザイン
2014年から2年間、日経BP社サイト「小さな組織の未来学」で「生きのびるための中小企業デザイン」というコラムを担当していました。そのサイトは閉鎖されてしまいましたが、サイト編集の方と相談しながら考えた、中小企業の方々に役立つデザイン情報は今でも有効だと考えています。そのコラムの内容を、隔週で発信しています。今回は「悪徳デザイナーの手口と見分け方」です。残念ながら、悪徳デザイナーは実際に存在するようです。悪徳デザイナーの手口と見分け方についてお話ししてみます。 . . . 本文を読む
コメント

1-4「製品は流線形の洗練を受ける 」その1

2021年01月23日 | 家電デザインの話をしよう(デザイン家電はなぜ四角くてモノトーンなのか?)
2014年に上梓した拙書「デザイン家電は、なぜ『四角くて、モノトーン』なのか?」(エムディエヌコーポレーション)で唯一心残りだったのが、取り上げた新旧の家電製品写真350枚がモノクロ写真だったことです。これから、本文と一緒に隔週で少しずつ350枚の製品写真をカラーでお届けしていきます。今回は、第一章「面白い家電デザイン」1-4「製品は流線形の洗練を受ける 」(その1)です。流線形は1930〜40年代のアメリカで〈デザイン=流線形〉と言われるほど流行しました。 . . . 本文を読む
コメント

2代目だからできる老舗ブランド

2021年01月09日 | 生きのびるための中小企業デザイン
2014年から2年間、日経BP社サイト「小さな組織の未来学」で「生きのびるための中小企業デザイン」というコラムを担当していました。そのサイトは閉鎖されてしまいましたが、サイト編集の方と相談しながら考えた、中小企業の方々に役立つデザイン情報は今でも有効だと考えています。そのコラムの内容を、隔週で発信しています。今回は「2代目だからできる老舗ブランド」です。B2Bのブランド開発では、ロゴマークの使われ方をコントロールすることが重要です。 . . . 本文を読む
コメント

1-3「三角形の製品も時々現れる 」その2

2020年12月12日 | 家電デザインの話をしよう(デザイン家電はなぜ四角くてモノトーンなのか?)
2014年に上梓した拙書「デザイン家電は、なぜ『四角くて、モノトーン』なのか?」(エムディエヌコーポレーション)で唯一心残りだったのが、取り上げた新旧の家電製品写真350枚がモノクロ写真だったことです。これから、本文と一緒に隔週で少しずつ350枚の製品写真をカラーでお届けしていきます。今回は、第一章「面白い家電デザイン」1-3「三角形の製品も時々現れる 」(その2)です。家電製品は、決して四角いばかりではありません。 . . . 本文を読む
コメント

老舗ブランドは二代目がつくる

2020年11月28日 | 生きのびるための中小企業デザイン
2014年から2年間、日経BP社サイト「小さな組織の未来学」で「生きのびるための中小企業デザイン」というコラムを担当していました。そのサイトは閉鎖されてしまいましたが、サイト編集の方と相談しながら考えた、中小企業の方々に役立つデザイン情報は今でも有効だと考えています。そのコラムの内容を、隔週で発信しています。今回は「老舗ブランドは二代目がつくる」です。二代目だからこそ、デザインをうまく導入して老舗ブランドを立ち上げることができるのです。 . . . 本文を読む
コメント

1-3「三角形の製品も時々現れる 」その1

2020年11月14日 | 家電デザインの話をしよう(デザイン家電はなぜ四角くてモノトーンなのか?)
2014年に上梓した拙書「デザイン家電は、なぜ『四角くて、モノトーン』なのか?」(エムディエヌコーポレーション)で唯一心残りだったのが、取り上げた新旧の家電製品写真350枚がモノクロ写真だったことです。これから、本文と一緒に隔週で少しずつ350枚の製品写真をカラーでお届けしていきます。今回は、第一章「面白い家電デザイン」1-3「三角形の製品も時々現れる 」(その1)です。家電製品は、決して四角いばかりではありません。 . . . 本文を読む
コメント

ご贔屓さんを増やす、かっこいい下請け

2020年10月31日 | 生きのびるための中小企業デザイン
2014年から2年間、日経BP社サイト「小さな組織の未来学」で「生きのびるための中小企業デザイン」というコラムを担当していました。そのサイトは閉鎖されてしまいましたが、サイト編集の方と相談しながら考えた、中小企業の方々に役立つデザイン情報は今でも有効だと考えています。そのコラムの内容を、隔週で発信しています。今回は「ご贔屓さんを増やす、かっこいい下請け」です。B2B下請けメーカーのままでも「かっこいい物語」は可能です。 . . . 本文を読む
コメント

1-2「製品は必ず一度丸くなる」その2

2020年10月17日 | 家電デザインの話をしよう(デザイン家電はなぜ四角くてモノトーンなのか?)
2014年に上梓した拙書「デザイン家電は、なぜ『四角くて、モノトーン』なのか?」(エムディエヌコーポレーション)で唯一心残りだったのが、取り上げた新旧の家電製品写真350枚がモノクロ写真だったことです。これから、本文と一緒に隔週で少しずつ350枚の製品写真をカラーでお届けしていきます。今回は、第一章「面白い家電デザイン」1-2「製品は必ず一度丸くなる」(その2)です。そう、四角い製品もときに丸くなるのです。 . . . 本文を読む
コメント

「これしかできない」という物語

2020年10月03日 | 生きのびるための中小企業デザイン
しばらく更新していませんでしたが、今でも毎月4000~5000ページビューをいただいており、それにお答えしなければと考えておりました。実は、2014年から2年間、日経BP社サイト「小さな組織の未来学」で「生きのびるための中小企業デザイン」というコラムを担当していました。そのサイトは閉鎖されてしまいましたが、サイト編集の方と相談しながら考えた、中小企業の方々に役立つデザイン情報は今でも有効だと考えています。そのコラムの内容を、これからまた隔週で発信していきたいと思います。今回は「これしかできないという物語」です。B2Cに乗り出す中小企業に必要な「これしかできない」という物語について。 . . . 本文を読む
コメント