デンマンのブログ

デンマンが徒然につづったブログ

生パンツが運んできた幸せ PART 1

2007-01-29 18:31:34 | ネットストカー・荒らし・インターネット


生パンツが運んできた幸せ







“生パンツ”強盗





暗い夜道で女子高生を襲い、
身に着けていた下着だけを
奪って逃走する
“生パンツ”強盗が出没した。

神奈川県警宮前署によると、
事件が起きたのは
21日午後9時半ごろ。
川崎市宮前区の路上で、
近くに住む高校2年の
女子生徒(16)が
アルバイトを終えて
徒歩で帰宅する途中、
前から来た若い男に
すれ違いざま、襲われた。

男は、女子生徒の首を
道路脇のフェンスに
押し付けながら
「パンツをよこせ!」と脅迫。

女子生徒が抵抗すると
スカートの中に手を入れ、
パンツをむりやり
脱がして強奪。
“戦利品”を手に、
そのまま逃走した。

女子生徒にけがはなく、
そのまま自宅まで逃げ帰り
110番通報した。

調べによると、
男は20歳前後で
身長170センチくらいの
やせ形。
黒っぽいスエットの
ズボンをはいていたという。

宮前署関係者は
「女子生徒の体を
もてあそんだり、
危害を加えたわけではない」
として、下着マニアによる
強盗事件として
捜査を進めている。

SOURCE:
スポーツ報知 
2006年04月23日




『でも、すばらしいクリスマスを!』より





デンマンさん。。。今度は。。。こんどは。。。また、生パンツに逆戻りですかぁ~?

レンゲさん、やだなあああ。。。逆戻りではありませんよゥ。生パンツが幸せを運んで来たと言う話ですよ。

でも。。。、でも、デンマンさんは、また生パン強盗の記事を持ち出してきましたわあああ~。

この記事を持ち出せば、生パンツと言う言葉が与えるイメージがすぐにピンと来るからですよ。

生パンツのヤ~らしいイメージですか?

そうですよ。たいていの人が“生パンツ”という言葉を耳にすれば、あまり良いイメージを想い浮かべないと思うのですよ。特に女性はね。。。レンゲさんが、今、拒絶反応を示したようにね。。。

あたしは。。。あたしは、別に拒絶反応を示したわけではありませんわ。。。ただ、生パンツのお話にうんざりしているのですわぁ~。

どうしてですか?

どうしてって。。。生パンツの事などブログでマジに取り上げるよな話題ではありませんわぁ~。

そんな事は無いでしょう?ニュース性があるでしょう?女性を襲って生パンツだけを奪って去ってゆく、ちょっと変わった男。。。うへへへへ。。。女性にイタズラするわけでもないし、怪我をさせるわけでもない。。。ただ、生パンツを奪って男は逃げてゆく。。。うしししし。。。ちょうど、銀行強盗に入って、お金を盗まずに、女子行員の生パンツを奪って逃げてゆくようなものですよね。。。これって、ちょっと意外というか、滑稽というか、間が抜けているというか。。。つまり、面白い。。。可笑しい。。。こうしてブログに書いても、読む人に、へええぇえぇ~~、そういう馬鹿げた事をする愚か者が居るんだあああ、と。。。あきれると言うか。。。考えられないと言うか。。。読む人にも意外な可笑しさを与えるでしょう?。。。だからね、絶対にブログで取り上げるだけのメリットがあるんですよ。。。

つまり。。。、つまり、デンマンさんは、そのようなふざけた気持ちでこの記事を書き始めたのですわねぇ~?

違いますよ。。。ちがいますよぉ~。。。一見ふざけたようなタイトルになっていますよ。でもね、これから書くことはマジな事ですよ。

それで。。。それで。。。その生パンツが運んできたという幸せとは。。。一体なんですの?

たくさんあるんですよ。

たくさん、では分かりませんわぁ~。具体的に言ってくださいな。

まずね、生パンツの記事を読んで、高井田さんが僕に仲直りのメールを送ってくれたのですよ。





仲直り



Subj: 高井田です

2006-12-24 7:20AM
Vancouver Time
2006-12-25 0:20AM
Japan Time

From:
takaida84@mail.goo.ne.jp

To:
barclay1720@aol.com


デンマンさん、
メリークリスマスです!

お詫びしたくて、
メールさせてもらっています。

これまでの無礼を、
お許し下さい。
デンマンさんに対して、
友好的な態度で
接することができず、
申し訳ありませんでした。

これからは、
意地などはらずに、
素直な気持ちでいたいと思っています。

また、何かと有意義な
お話をしたいです。
できれば、
過去の事にしばられず、
新たな交流を
させていただきたく、
お願いいたします。

クリスマスに便乗?して、
私の気持ちを
届けさせていただきました。

by 高井田




『心のこもった愛のプレゼント』より



高井田さんがこのメールをデンマンさんに出したのは、別に生パンツの記事を読んだからではありませんわ。

分かっています。。。それは分かっていますよ。

だったら、生パンツの事など初めから持ち出さなくてもいいではありませんか?

でもね、生パンツと関係があるんですよ。レンゲさんは、もうすっかり忘れているけれど、そもそも、生パンツの話題を持ち出したのはレンゲさんですよォ~。

まさかあああ~

まさかあ、じゃありませんよ。僕が次の対話を持ち出した後でレンゲさんが生パンツを持ち出したんですよ。


デンマンさん、

あたし、どうしても死にたいんです。


また、死にたい病気が出てきましたかァ。。。

デンマンさん、あたしはマジですよ。

そうかもしれませんね。でもねぇ、僕はお釈迦様がクレオパトラに言うような事は言いませんよ。

なぜですか?

なぜってねぇ、クレオパトラは恋に生き、愛に生き、政治にもどっぷりとつかり、権力も手中に収め、財宝も思いのままに溜め込んだ女性ですよ。長~~い人間の歴史でも、これほどの人物は探してもなかなか見当たりません。

そうらしいですわね。

レンゲさん自身のこれまでの人生を考えてみてくださいよ。クレオパトラは「やるだけの事はやりました」と言った。実際、それだけのことをやったとお釈迦様も認めた。だからこそ「人間は一度は死ぬのですから、早いか遅いかの違いだけです。あなたはご自分で、これまで十分にやってきたと思われるのなら、この辺でラクになるのも良いでしょう」と、お釈迦様は言ったんですよ。

つまり、あたしはやるだけのことをやっていないとデンマンさんはおっしゃるのですね?

そうですよ。あなたは本当にやるだけのことをやったのですか?

そのつもりです。

そのようには見えませんよ。

なぜ見えないのですか?

あなたのお母さんは生きている。それにもかかわらず、もう6年近くもあなたは会っていない。電話で話した事もない。あなたは、実の生みの母親と仲直りもしないまま、死んでしまうのですか?

仕方がありません。

仕方はありますよォ~!あなたは、お母さんの立場になって考えてみたらどうですか?おなかを痛めて産んだわが娘が、結婚もせず、子供も生まず、家庭も持たずに、母親よりも先に、自らの命を絶ってしまう。一番つらいのは、娘と仲直りもしないうちに娘に先立たれてしまう母親ですよ。そのように娘に先に逝かれてしまった母親の気持ちをレンゲさん、あなたは考えてみた事がありますか?

。。。(無言)

考えたこともない。。。でしょう? そのことがとりもなおさず、レンゲさんが人生と言うマラソンの折り返し点をまだ過ぎていないという何よりの証拠ですよ。まだ未熟だと言う事ですよ。クレオパトラはねぇ、二人の偉大な男と恋をして、その二人の男の子供も生んだ。このこと一つ採ってみても、レンゲさん、あなたは、やるだけのことをやったとは言えないんですよ。まだ、満足のゆく恋愛すらしていない。この世に未練がたくさんあるはずなんですよ。あるでしょう?

。。。(さらに無言)

あなたに向かってお釈迦さんは何と言うと思いますか?

。。。分かりません。

言う事は唯の一つです。

それは一体何でしょうか?

「死んだつもりで、しっかりと生きなさい。死んだ気になれば何でもできます」

『不倫と自殺と犠牲になる愛』より


僕がこの対話を持ち出したら、レンゲさんは“この対話も保存しておいたのですか?” と僕に尋ねたんですよ。。。どうですか?思い出したでしょう?

コメント   この記事についてブログを書く
« 生パンツが運んできた幸せ PA... | トップ | ワンセグって? »

コメントを投稿

ネットストカー・荒らし・インターネット」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事