デンマンのブログ

デンマンが徒然につづったブログ

軽井沢で。。。PART 1

2008-12-10 05:37:51 | 海・河のスポーツ・旅行・車


 
軽井沢で…






猫のごあいさつ



みなさん、こんにちわ

次女猫のねねだにゃー

めれんげに代わって、ごあいさつにゃ

めれんげ風邪ひいてるのにゃ

あんまり遊んでくれなくて、

ねねは淋しいにゃあ

もっと抱っこっこしてほしいにゃ

 
 
by ねね

2008.12.03 Wednesday 12:01




『即興の詩 猫のごあいさつ』より

 

次女猫のねねは、相変わらず元気なんにゃねぇ~
寝る子は育つって言うからなあああぁ~
ねねは、どこでも眠れるさかいに元気なんにゃでぇ~
めれちゃんも真似したらいいんやでぇ~
そうすれば風邪もなおるさかいになぁ

とにかく、めれちゃんがねねちゃんと一緒に生活しながら
生きているのを知ってうれしいでぇ~

ところで、わいも風邪気味なんやぁ
/( ̄Д ̄;)\
ウン、ウン、ウン、しんどいなぁ~
治りそうで、なかなか治らへん。
でも、今日はだいぶようなったでぇ~



11月27日にバンクーバーにもどって、最近やっと自分のペースに戻ったんやぁ~。
日本では、やっぱり全館暖房しているところがないからなぁ
あちらこちら、温度差の激しい所を行ったり来たりしている間に
体調を崩してしもうたんやぁ~。。。
ワイにとって、日本は体に優しくない外国なんやでぇ~
あきまへんわぁ~


風邪などめったに引いたことの無いワイでも、
日本の寒さは厳しいでぇ~

11月18日と19日には軽井沢に行ったんやけどォ~、
19日の2時ごろ、四川料理店で小百合さんと
辛いラーメンを食べてたら
横殴りの吹雪が吹いてきよったでぇ~
20分ほどで止んだけれど
まるで寒いスキー場の真っ只中に居るような錯覚に陥ったもんやぁ~
\(@_@)/ ビックリしたでぇ~ ギャハハハハ。。。

身震いしてブルブルッときたんやぁ~
あの時、風邪が忍び込んできたんと思うんやぁでぇ~

ところで、長女猫のタンタンは元気か?
あの姿かたちのええタンタンは実に絵になるなぁ~
そんで、あのかわゆいニコちゃんも元気かぁ~?

めれちゃんも早く元気になって
素晴しい詩と短歌をぎょうさん書いてんなぁ~
期待しているでぇ~

じゃあ、ワイもブログの記事をこれから書きまっさぁ~
じゃあねぇ~。

\(*^_^*)/キャハハハ。。。

by 心の恋人 (デンマン)

2008/12/04 6:38 AM




『即興の詩 猫のごあいさつ』のコメント欄より




デンマンさん。。。、どうして次女猫のねねのごあいさつがでてくるのですか?この記事は『小百合物語』でござ~♪~ますわァ。



もちろん、そのつもりですよう。だから、小百合さんと軽井沢の事が書いてあるでしょう?

つまり、そのために、わざわざねねちゃんのご挨拶を持ち出したのでござ~♪~ますか?

そうですよう。なかなか面白い出だしだと思いませんか?おととい、話題になった文学散歩にふさわしいでしょう。

デンマンさんは、マジで文学散歩を取り上げるのですか?

卑弥子さんは僕と小百合さんが軽井沢で文学散歩を楽しんだという事を全く信用していないようですね?


【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
馬鹿馬鹿しいじゃありませんかア!
これじゃあぁ~。。。あたくしが突っ込みの入れようが無いじゃありませんかア!

文学散歩ですってぇ~。。。
バンクーバーから、わざわざ軽井沢まで足を伸ばして文学散歩だなんて、信じることができませんわぁ~。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、あさって、あたくしは何とかしてデンマンさんから隠し事を引き出そうと思いますわ。
貴方も、どうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では。。。






『愛執の軽井沢 (2008年12月8日)』より


つまり、デンマンさんは小百合さんとの間に何の秘め事も隠し事も無いと。。。そうおっしゃりたいのでござ~♪~ますか?

そうですよう。

そのお言葉をそのままあたくしに信じろとおっしゃるのですか?

その通りですよう。僕は不可能な事を卑弥子さんにお願いしているわけではないのですよう。

でも。。。でも。。。これまでのデンマンさんと小百合さんのメールのやり取りなどを読んでいれば、どうしたってドラマチックなもの。。。エロチックな事を期待してしまうのでござ~♪~ますわァ。

だから、その事については、おととい僕が分かり易いように卑弥子さんに説明したのですよう。。。要するに、卑弥子さんは何事においても過激な行動にでやすいので、ついつい相手の話の中にもワクワクするような、ヤ~らしいアバンチュールを期待してしまうのですよう。そうでしょう?

だって。。。だってぇ~。。。

だっても、取っても、勝手も、ロッテも無いのですよう。僕と小百合さんは軽井沢で文学散歩を楽しんだのですゥ。

その証拠でもあるのでござ~♪~ますか?

ありますよう。僕と小百合さんのやり取りを読んでみてくださいよう。


現実の中の小百合さんの小さなロマン






Last Saw: (sayuri) 6 Hours 55 Mins Ago
As of Fri, 05 Dec 2008 @ 10:54:49 (バンクーバー時間)
Sayuri & Denman Private Forum



次男坊の事で昨日は中学に行き
今日は 母と山の様子を見て
夕方は 雨が止まないと長男坊が電話をよこして
高校まで10キロ、車で飛ばしてゆきました。

その後 5時のお迎えにまにあうかな~ っと
三男坊を迎えに行きました。

ほんと 時間におわれて
でも 主人に愚痴れば 何の収入にも ならないくせに!
そう言われてバカにされますが…

そう言うわけで お金にはならない 用事で
無駄に動かされてます。

私も分かってますが ほんと 忙しい。




うん、うん、うん。。。
主婦は現実の中にどっぷりと浸からなければならないから、
どうしたって現実に振り回されてしまうよね。

でも、そういう中でも“ロマン”を見つけることもできるんだよね。
それが小百合さんにとって“軽井沢の別荘”だった。
今でもそれに変わりがないでしょう。

現実に追われ、現実に流されながらも、
小百合さんが必死で“自分の時間”、“自分のロマン”を探し求めているのが実に良く分かりますよう。

小百合さんの“自分の時間”、“自分のロマン”が
ある時には大長寺のロマンスポットだったりするんだよね。



山の家でラヴィオリカレーを小百合さんと一緒に作った事も
それは小百合さんにとって“自分の時間”、“自分のロマン”だったのかも。。。





それに、あのバーベキューも小百合さんが“自分の時間”を持てた時だったかも。。。



現実の中にどっぷりと浸かりながらも、“自分の時間”を見つけ、
“自分のロマン”を持つ!。。。それが生きる張り合い!生きがいなんでしょうね。



そうです。そうです。こうして露天風呂にゆっくりと浸かって癒しの時間を持つ事も
小百合さんにとって“自分の時間”、“自分のロマン”を持つ事です。

“山の家”でも、軽井沢の別荘でも、小百合さんと“自分の時間”、“自分のロマン”をシェアできた事を僕は幸せだと感じていますよう!

「デンマンさんは、また美化しているのねぇ~!?」

小百合さんは、そう言うでしょうね。うしししし。。。



そして、ロマンポルノ第5部も、小百合さんが“自分の時間”、“自分のロマン”を持てるように僕は書いているのですよう。
マジで。。。
人間、男女の別なく、現実に押し流されているだけではダメだよねぇ~。
生きると言うことは、現実に追われながらも“自分の時間”、“自分のロマン”を持つ事だと僕は信じていますよう。

小百合さんは、そう信じていると意識していないかもしれないけれど、
間違いなく実践していますよう。
山の家で、そして軽井沢で一緒に過ごしながら、小百合さんが“自分の時間”、“自分のロマン”を見つけようとする姿を僕は見たように思いました。
うしししし。。。

くどうようだけれど、“山の家”でも、軽井沢の別荘でも、小百合さんと“自分の時間”、“自分のロマン”をシェアできた事を僕は幸せだと感じていますよう!



夢とロマンの女神、万歳!

小百合さん、バンザ~♪~イ!





すいません ラーメンのサイト すぐに
出ないん だね~ 
またメールします。 あーうるさい
子供が呼んでる。

ロンドン時間: 2008/12/05 10:59 AM
日本時間: 12月5日 午後8時59分
バンクーバー時間: 12月5日 午前3時59分


うるさい中にも、忙しい中にも、現実に追われながらも
“自分の時間”、“自分のロマン”を小百合さんは探し求めてね。

うん、うん、うん。。。
「ロマンポルノ第5部」は、そういう小百合さんのためにも“癒しの時間”、“女のロマン”を感じる事ができる話になるはずですよう。

「ヤダヨゥ!また、どうせヤ~らしいんでしょう?!昼まっからエロ話なんて、マジで読めないわよう!」

そう言わず、昼間、気分が乗らなかったら、真夜中に目覚めた時にでも繰り返して読んでね。

「デンマンさんは、ちょっと、ロマンポルノにこだわりすぎてんのよう!んもお~~」

『エマニエル夫人』を観た時の乙女の気持ちを思い出してね。
それこそ、女として生きることじゃないですか?
“女の時間”、“女のロマン”を持つ!

忙しい小百合さんの、現実に追われている小百合さんの、それこそ“癒しの時間”になるはずです。

山の家でラヴィオリカレーを作るのもロマンです。
山の家で露天風呂に入るのもロマンです。
バーベキューするのだってロマンです。
大長寺のロマンスポットで白熊さんのようにハグするのもロマンです。



そうであるならば “夢とロマンの館” で、Hよりも感じるハグをするのだってロマンです。



だから、「ロマンポルノ第5部」を読む事だってロマンですよう。
うしししし。。。







夢とロマンの女神、万歳!

小百合さん、バンザ~♪~イ!




ロンドン時間: 2008/12/05 19:16
日本時間: 12月6日 午前5時16分
バンクーバー時間: 12月5日 午後12時16分




『ビーバーランド e-XOOPS』
『行田から戻って』スレッドより


コメント

軽井沢で。。。PART 2

2008-12-10 05:35:38 | 海・河のスポーツ・旅行・車

夢とロマンの小さな計画


Last Saw: (sayuri) 9 Hours 23 Mins Ago
as of Sat, 06 Dec 2008 @ 02:11:36 AM (バンクーバー時間)
Sayuri & Denman Private Forum



そうですね。
デンマンさんが 日本に里帰りするという秋

私が小さな 計画をたくさん たてて 
だいたい全部 予定どおり進んだのを
満足しています。




うん、うん、うん。。。
小百合さんの計画性には目を見張らせられますよう。
軽井沢に別荘を持つ事だって。。。
着々と予定通りに進めたものねぇ~。

小百合さんには過去に苦い経験が何度かあったのかもしれないね?
予定を立てたけれど、いろいろな急用ができて予定通りできなかったとか。。。
例えば、身内の者が亡くなったり。。。
友達や親戚の人に不幸があったり。。。
だから小百合さんは、あせっていた時もあったよね。。。

「今やらないと。。。、
軽井沢に別荘を持たないと、今年の夏が無駄になる。。。」

でも、考えてみたら、その小百合さんの小さな計画のおかげで、
僕は、いろいろと小百合さんの“自分の時間”、“自分のロマン”を共有する事ができました。
軽井沢の別荘でも、佐野の山の家でも、館林でも
小百合さんと楽しい時間を持つ事ができました。
ありがとう!



でも、行田の“夢とロマンと愛の小径”を小百合さんと一緒に散策する事はできなかった。
残念です。
でも、もしかすると来年、一緒に歩けるかも。。。
うしししし。。。

来年の事を言うと鬼が笑うよね。
でも、楽しみにしています。
来年、小百合さんと会えることを。。。

会えない事を考えて
ちゃんと「ロマンポルノ第5部」で、2008年の秋のロマンを再現しますよう。
うへへへへ。。。




2008 秋は終わって しまったけど・・

今日から スキーに行って 来週の月曜日にもどります。
では…

ロンドン時間: 2008/12/05 23:44
日本時間: 12月6日 午前9時44分
バンクーバー時間: 12月5日午後4時44分






はい、はい、はい。。。
楽しんできてね。
面白い話をまた聞かせてね。

怪我をしないように気をつけて。
じゃあ、またね。。。



by デンマン

ロンドン時間: 2008/12/06 10:24 AM
日本時間: 12月6日 午後8時24分
バンクーバー時間: 12月6日午前3時24分




『ビーバーランド e-XOOPS』
『行田から戻って』スレッドより


どうですか、卑弥子さん。。。?このやり取りを読めば、卑弥子さんが期待するような萌え萌えで過激な行動やイベントが無かった事が良~♪~く分かるでしょう?

それは小百合さんがブレーキをかけているからですわ。

ほおォ~。。。

フクロウのような鳴き真似をしないでくださいなァ~。どう見たって、デンマンさんは過激でヤ~らしい事を期待しながら、その機会を狙っているのですわぁ~。ところが、小百合さんに先を読まれてデンマンさんには手も足も出ないのでござ~♪~ますう。

なるほどォ~。。。そういう見方もできるのですねぇ~

いいえ、それこそが真実なのですわ。それがデンマンさんを待ち構えている現実なのでござ~♪~ますわ。つまり、デンマンさんは過激でロマンチックな妄想を繰り広げようとしているのですけれど、現実には、ささやかな文学散歩しかできなかったのでござ~♪~ますわ。

ほおォ~。。。卑弥子さんは読みが深いですねぇ~

これでも。。。これでも、京都の女子大学で「日本文化と源氏物語」を講義している身でござ~♪~ますわぁ。男と女の微妙な駆け引きや、言葉のやり取りの裏の裏をずいぶんと研究してきたのでござ~♪~ますう。

なるほどねぇ~。。。僕は改めて卑弥子さんの知性と洞察力を見直しましたよう。

そうやって。。。そうやってぇ。。。今度はあたくしを煽(おだ)てて。。。繊細なあたくしの女心をくすぐろうとしているようでござ~♪~ますけれど、その手には乗りませんわ。

そこまで、卑弥子さんに読まれてしまうと僕は本当にやりにくいなあああァ~。。。でも、僕と小百合さんが軽井沢でささやかな文学散歩を楽しんだ事だけは卑弥子さんにも理解できたでしょう?

しかし、それはデンマンさんにとっては、仕方なしに選ばねばならなかった選択肢だったのですわ。

卑弥子さんは、かな~り皮肉な受け止め方をするのですね?

皮肉ではござ~♪~ませんわ。あたくしだってデンマンさんを理解しているつもりですから。。。

でも、卑弥子さんは僕が文学散歩をしぶしぶ楽しんだと思っていますよう。

だって、そうでしょう?上のやり取りを読んでも、デンマンさんがロマンポルノチックなアバンチュールを期待していた事が、ありありと読み取れるのでござ~♪~ますわ。

だから、それは文学散歩の延長線上にあるのですよう。

ロマンポルノが文学散歩の延長線上にあるのですか?

あのねぇ。。。軽井沢で文学にゆかりのある場所を小百合さんと訪ねながら、文学に裏打ちされた夢とロマンを語り合う。。。素晴しい事じゃないですかぁ~

でも、どうしてそこにポルノが関わって来るのでござ~♪~ますか?

だから、日活ロマンポルノの『軽井沢夫人』ですよう。僕はこれまでに何度かこの映画について記事で書いたことがあるのですよう。卑弥子さんだって覚えているでしょう?

それでデンマンさんはロマンポルノにこだわっているのですか?

別に、こだわっている訳じゃないけれど、小百合さんが“軽井沢夫人”になったので、どうしても連想してしまうのですよう。

つまり、小百合さんとヤ~らしい事をしようと妄想してしまうのでござ~♪~ますわね?

やだなあああぁ~。。。そうやって、実は、卑弥子さんがロマンポルノとヤ~らしい事にこだわっているのですよう!

今度は、すべての責任をあたくしになすりつけて、デンマンさんはハンセ~もしないのでござ~♪~ますか?

卑弥子さん!。。。いい加減にしてくださいよう!僕は軽井沢の文学散歩を格調高く語ろうとしているのに、卑弥子さんは話の方向をロマンポルノとヤ~らしい事の方に持ってゆこうとするのですよう。んもォ~~

そうやって。。。そうやって。。。何が何でもあたくしを“はしたない女”にしてしまうのですわね?

違いますよう。誤解しないでくださいよう。僕は軽井沢の文学散歩について語りたいのですよう。そのつもりで話してきたのに、卑弥子さんが方向を転換しようとするのですよう。んもお~~

分かりましたわ。それほど軽井沢の文学散歩についてお話したいのであれば、今から始めてくださいな。

ダメですよう。卑弥子さんが余計な方向に話しを持ってゆこうとするから、この記事が無駄に長くなってしまったのですよう。今から軽井沢文学散歩を話し始めたら収拾が付かなくなってしまいますう。

いつものように、またあたくしの責任にするのですわね?

とにかく、今日はこれまでです。また、あさって話しますよう。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ~。。。
馬鹿馬鹿しいじゃありませんかア!
それほど軽井沢の文学散歩について話したいのなら、初めから文学散歩を持ち出せばよいのですわよう。
どうして、次女猫のねねちゃんのごあいさつをを引っ張り出す必要があるのでしょうか?

だいたい、文学散歩だなんて、ほとんどの人にとって興味の無い話題ですわ。
秘め事だとか隠し事とか、そっちの方がよっぽど面白いのですゥ。
あなただって、そう思うでしょう?

とにかく、デンマンさんの策略にはハマりませんわよう。
あさって、あたくしは何とかしてデンマンさんから隠し事を引き出そうと思いますわ。
貴方も、どうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では。。。






ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




いつもならばジューンさんが出てくるのだけれど、

今日は最後に僕に一言だけ言わせてくださいね。

うしししし。。。

卑弥子さんは、僕が文学散歩を楽しんだ事を

全く信じようとしませんが、

僕はマジで文学散歩を楽しんだのです。

軽井沢というところは、

おそらく日本のどこよりも文学にゆかりのある場所が

たくさんあると思うのですよう。

なぜか。。。?

それはやはり、軽井沢というところが

別荘地だということですよね。

そう言う訳で、たくさんの文学者や作家が

軽井沢に別荘を構えたのですよう。

文学散歩と言いましたけれど、

実は、小百合さんと散歩した訳ではないのです。

自転車で回ったのですよう。

うしししし。。。

2日間だけしか時間が取れなかったので

のんびりと歩いている訳にはゆかなかったのです。

とにかく、いたる所に文学にゆかりのある場所が

あるのですよう。

卑弥子さんは、まだ軽井沢に行った事がないので

そういうことが理解できないのです。

それでロマンポルノとヤ~らしい事の方に

関心が偏(かたよ)ってしまうのですう。

あなただって分かるでしょう?



ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

時間があったらぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』



では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






コメント

内緒よ

2008-12-10 05:32:31 | 英語・英会話



 
内緒よ



こんにちは。
ジュンコです。
お元気ですか?
ところで、英語で“内緒よ”って、どう言うと思いますか?

hush-hush を使います。

これは形容詞です。
「秘密の」 「極秘の」 「ごく内々の」
このような意味がありますよ。
では、例文をお目にかけますね。


This is a secret plan.

So, let's keep it hush-hush.

これって秘密のプランよ。

だから、内緒ね。


hush-hush は名詞としても使われます。
「検閲」 「秘密」 という意味です。
では、例文をお目にかけます。


This is a hush-hush.

So, you can't tell

anyone about it.

これって極秘よ。

だから誰にも言ってはダメよ。


また、 hush-hush は他動詞としても使われます。
「沈黙させる」 「黙らせる」 という意味です。
次のように使われますよ。


John is talking too loud over there.

I'm on the phone.

Could you go over there to hush-hush him?



ジョンは、あそこで大声でしゃべってるのよ。

私は電話中なの。

あそこへ行って、あなた、彼を黙らせてくれない?


どうですか?
簡単な単語にも、意外と面白い使い道が有るでしょう?

俗語の意味を調べるのって面白いですよね。
あなたも英語をおさらいしてみませんか?

ええっ? 時間もないしお金もないの?
だったらね、時間がなくてもお金がなくても勉強できる方法を教えますよ。

どうすればいいのかって。。。?
次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたの国際化をサポートしてくれる無料英語学習サービス』

ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。
いろいろなコースがあります。
例えば、科学用語だとか。。。
ビジネス用語だとか。。。
わたしは俗語を選択しています。
あなたも好きなコースを選ぶ事ができますよ。

ええっ?
あなたは語学留学してみようと思っているの?
でも、お金があまりないの?

だったらね、1週間でも、2週間でも。。。語学留学できる学校を探しませんか?
どうですか?
あなたも世界に羽ばたいてみてね。
例えば、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス。。。
あなたの殻(から)を破って日本の外に飛び出すのです。
そして、友達の輪を広げましょう。
英語を学びながら世界中に友達ができるのですよ!



現地の文化に溶け込めるホームステイ滞在、
クラスメートとの生活を楽しむ学生寮滞在があり、
1人部屋又は2人以上の相部屋からあなたの希望の生活スタイルをチョイスできます。
もちろんあなたが自分でアパートを探して暮らす事もできますよ。

そして何より、留学は楽しくなくては意味がありませんよね!
充実した課外活動や週末を過ごす為の豊富なアクティビティにも参加してみましょう。
大勢で騒ぎたい人から、1人の時間を好む人まで、それぞれのニーズに合わせてアクティビティを選んでください。



どうですか?
少しは興味が湧いてきたでしょう?
もっと詳しく知りたいでしょう?
次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたにも海外留学できますよ!』

詳しい資料を無料でゲットする事が出来ます。
取り寄せてぜひ読んでみてくださいね。

ええっ?
あなたは英語が少しは分かるの?
それで、海外でワーホリしてみたいの?

だったらね、あなたのワーホリをサポートしてくれるサイトがあるわよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

■ 『あなたの海外バイト、ワーホリをサポートしてくれるサイト』

長い人生ですよ。
一生日本にとどまっているなんて、鎖国していた江戸時代に生きているようなものですよね?
狭くなりつつあるけれど、まだまだ広い世界に目を向けてくださいね。

とにかく、上のリンクをクリックして、無料資料を取り寄せて読んでみるといいわよ。
もし、たくさんの質問があったら、カウンセラーと会って話を聞く事もできます。
もちろん無料です。



ええっ?英語もいいけれど、それよりも、人生にプラスになるような真面目に付き合いたい異性の相手が欲しいの?
何で。。。急に英語から男女交際の話になるの?
ちょっと飛躍していると思わない。。。?

でも、あなたがその気ならば良いところを紹介しますわよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

■ 『あなたが素敵な相手を見つけることができる真面目な結婚サイト ガイド』



どうせ、付き合うのなら、家庭を持つべき相手。。。
そのような人を探すべきよね。
遊びだけの付き合いもいいけれど。。。
人生にプラスになるような付き合いならば、やっぱり素敵な結婚相手を見つけることですよ。
では、あなたの幸運を祈っていますね。



Good luck!

バ~♪~イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

やっぱり、ジュンコさん

ぱっかりに任せていると

退屈するのよねぇ~。

それで。。。つい、つい、

出て来てしまうので

ござ~♪~ますわよ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

ついにバンクーバーへ行って来ました。

本当はもっと長く居たかったのですけれど、

デンマンさんに説得されて

日本に戻ってきたのでござ~♪~ますわ。

それで、またこのダサい十二単を着ることになったのです。

あたくしは、もう着るのがイヤなのですけれど、

デンマンさんが、頼むから我慢して着て欲しいと

土下座して頼むので

仕方なく着ることにしたのでござ~♪~ますわ。



おほほほほ。。。

ええっ?なんか面白い話はないのかって。。。?

ありますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『おばさんパンツ』



あたくしもおばさんパンツを

穿いてしまったのでござ~♪~ますわよ。

ええっ?どうしてかって。。。?

上のお話を読めば分かりますわよ。

本当に面白いのよ。

騙されたと思って覗いてみてね。

メチャ笑えるわよ。

うふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね、バ~♪~イ。






コメント