denjinmのお気に入り

ネット上のお気に入りを気まぐれで集めてみたいと思います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手足への日焼け止め(サンスクリーン)の塗り方

2011-07-08 19:53:40 | 紫外線
あくまで目安ですが、片方の腕に対して、日焼け止めサンスクリーン)をパール1粒大(直径0.7センチメートル)を2個分の量が適切とされます。まず手の平に日焼け止め(サンスクリーン)を出し、全体にむらなく均一になるように塗っていきます。あまりこすらないようにすることが大切です。腕だけでなく、忘れやすいのは手の甲です。また、手を洗ったりしたあとは、そのつど塗りなおすことを忘れないでください。首筋などは服の襟でこすれて日焼け止め(サンスクリーン)が取れてしまいがちです。塗りなおしを必ずしてください。

脚および足先の場合も同様に塗っていきますが、腕よりも皮膚面積が断然、大きいですから腕の2~3倍が使用します。足の甲も忘れずに塗りましょう。サンダルなどを履くときにはてきめんに紫外線(UV)の攻撃を受けてしまいます。
腕の場合も脚の場合も、こするとそれが肌への刺激になってしまいますので、らせんを描くようにやさしく塗り伸ばすようにしてください。

紫外線(UV)は一度つけたら終わりではなく、2~3時間おきに塗りなおしてください。紫外線(UV)の量がもっとも多くなる10時から2時までの4時間は特に注意が必要です。朝と昼に2回は塗りなおすようにしましょう。

塗りなおすとき、顔などメイクをしている場合は、顔の表面に浮いた皮脂汚れやほこりをティッシュペーパーで軽く押さえて取り、日焼けをしやすい額、鼻筋、頬骨など高いところに日焼け止め(サンスクリーン)を付け直します。そのあとで再度、ファンデーションで上から重ねてつけるようにします。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日焼け止め(サンスクリーン... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

紫外線」カテゴリの最新記事