ドミンゴスwithoutドミンゴ ダメダメパチンカーの宴

パチンコとは名ばかりになってしまったブログ。ジャンル無し。検索エンジンに引っかかるエントリでドゾー。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2chが選ぶ「このミステリがすごい!」 2010年版《国内編》

2010年04月21日 03時22分37秒 | 読書感想文
以下のスレで集計された、2chが選ぶこのミス2010をご紹介。
2chが選ぶこのミステリーがすごい!

国内編(20票)

1 位 82pt 『Another』 綾辻行人
2 位 62pt 『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』 倉阪鬼一郎
3 位 60pt 『密室殺人ゲーム 2.0』 歌野晶午
4 位 47pt 『身代わり』 西澤保彦
5 位 31pt 『殺人鬼フジコの衝動』 真梨幸子
6 位 30pt 『花窗玻璃 シャガールの黙示』 深水黎一郎
7 位 27pt 『秋期限定栗きんとん事件』 米澤穂信
8 位 24pt 『ここに死体を捨てないでください!』 東川篤哉
9 位 21pt 『神国崩壊 探偵府と四つの綺譚』 獅子宮敏彦
9 位 21pt 『リバース』 北國浩二
11位 20pt 『午前零時のサンドリヨン』 相沢沙呼
11位 20pt 『電気人間の虜』 詠坂雄二
13位 19pt 『仮想儀礼』 篠田節子
14位 17pt 『智天使の不思議』 二階堂黎人
14位 17pt 『粘膜蜥蜴』 飴村行
14位 17pt 『バレエ・メカニック 想像力の文学』 津原泰水
14位 17pt 『六つの手掛り』 乾くるみ
18位 15pt 『後悔と真実の色』 貫井徳郎
19位 14pt 『踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿』 北山猛邦
19位 14pt 『鬼の跫音』 道尾秀介
21位 12pt 『密室から黒猫を取り出す方法 名探偵音野順の事件簿』 北山猛邦
22位 11pt 『追想五断章』 米澤穂信
23位 10pt 『ダイナー』 平山夢明
23位 10pt 『チェーン・ポイズン』 本多孝好
25位  9pt 『鷺と雪』 北村薫
25位  9pt 『少女』 湊かなえ
25位  9pt 『神器 軍艦「橿原」殺人事件』 奥泉光
25位  9pt 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 辻村深月
25位  9pt 『ハーモニー』 伊藤計劃
25位  9pt 『花と流れ星』 道尾秀介
31位  8pt 『さよならの次にくる』 似鳥鶏
31位  8pt 『絶望ノート』 歌野晶午
31位  8pt 『鉄の骨』 池井戸潤
31位  8pt 『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信
31位  8pt 『リッターあたりの致死率は―THANATOS』 汀こるもの
36位  7pt 『ダブル・ジョーカー』 柳広司
36位  7pt 『廃墟に乞う』 佐々木譲
36位  7pt 『光』 三浦しをん
36位  7pt 『福家警部補の再訪』 大倉崇裕
36位  7pt 『虫とりのうた』 赤星香一郎
41位  6pt 『1Q84』 村上春樹
41位  6pt 『電波女と青春男』 入間人間
41位  6pt 『逃亡者』 折原一
41位  6pt 『七つ星の首斬人』 藤岡真
41位  6pt 『無理』 奥田英朗
41位  6pt 『森に眠る魚』 角田光代
47位  5pt 『魚舟・獣舟』 上田早夕里
47位  5pt 『IN』 桐野夏生
47位  5pt 『ジョニー・ザ・ラビット』 東山彰良
47位  5pt 『新参者』 東野圭吾
47位  5pt 『不可能犯罪コレクション』 二階堂黎人・編
47位  5pt 『プリズン・トリック』 遠藤武文



感想。
綾辻行人の評価が最近は芳しくない様子だったので、
規模の小さい投票であるとはいえ、数多くの作品を抑えての一位である。
これは、新本格の旗手の復活を高らかに宣言するものと言え、
ファンの一人として、非常にに喜ばしい。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« すいません花粉症かもしれません | トップ | 2chが選ぶ「このミステリがす... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ereee (   東野 圭吾   盗作・剽窃 疑惑!!!)
2012-04-25 11:15:41
   東野 圭吾   盗作・剽窃 疑惑!!!

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4087467848/ref=cm_cr_pr_btm_link_1?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending


 歪笑小説 (集英社文庫): 東野 圭吾: 本



 > これは、以前私がブログに載せていたバンド・ストーリーの小説作家版ではないか?!

 ミュージシャンの成長モノと業界人のやりとり、どうやって売れるかという苦悩、ジャンル分け・・・

 全部そっくりそのまま置き換えただけだ!



 全て、音楽業界とミュージシャンとの関係を 文壇と作家との関係に置き換えただけじゃないか?!




 直木賞作家も遂にここまで堕落した?!

 ネット上での他人がブログに連載していた小説の内容を音楽・ミュージシャンという設定をそのまま作家・小説に置き換えるだけで出版してしまうなんて・・・


 もう出版の良心も作家としてのプライド・誇りも何も無い?!


      世も末

コメントを投稿

読書感想文」カテゴリの最新記事