◉緑の羽根

2018年4月19日
僕の寄り道――◉緑の羽根

国会議員が胸に緑の羽根をつけているので
「緑の羽根ってなんだっけ」
と聞いたら
「交通安全じゃなかった?」
と妻が言う。そうか、通学路の交差点に人が出て、旗を持って子どもたちの見守りをしているのはそのためかと納得したが、正しくは国土緑化を推進する緑の羽根募金らしい。

いずれにせよ、街に初々しい新入学の子どもたちが芽生え、元気に登校していく姿を見る。

六義園の木の葉も日に日に密度を増してきて、ついこの間まで見えていた園内のほとんどが覆いつくされた。緑が爆発したような生気を放つ季節になり、見ていると心地よく圧倒される。人の心が自然に圧倒されたがっているとも言える。死ぬならこういう季節がいい。

友人から「夜逃げの準備中」とか「引っ越しの荷造り中」と文末に書き添えた思わせぶりなメールが届くので、まさか奥さんを残してこの世から夜逃げするんじゃないだろうなと心配したが、マンションリフォームのため一ヶ月ほど借家暮らしをするらしい。安心した。

苔が枯れて死滅した苔玉を解体し、芯になっていた南天を鉢に下ろしたのが昨秋のことである。室内からベランダに出して寒気にさらしたけれど、無事越冬して若葉をふいている。

苔玉だった頃の気分が抜けないので、南天の水やりは適当で良いと知りつつ、毎朝欠かさず水やりしており、ふと鉢の中を見たら、根元近くから小さな苔の芽が出ている。南天も友だちが帰って来て喜んでいることだろう。(2018/04/19)


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« ◉朝の落し物 ◉无邪志から »
 
コメント
 
 
 
赤い羽根よりも・・・ (7aoi)
2018-04-21 18:44:09
緑の羽根募金は、仕事がら半ば強制的にさせられていましたので、その趣旨は理解しているつもりです。(笑)
というより、赤い羽根などよりも納得のいく募金だと思っていました。
 
 
 
羽根 ()
2018-04-22 16:19:48
小学生時代に「学校で羽根を買わされた(募金を募られた)」記憶があるのですが、何色の羽根だったか忘れました(笑)
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。