棲み分け

OS X はスリープから復帰する速度が驚くほど速く、ノートだと蓋を開けたとたんにログイン画面となり、パスワードを入れている間にスタンバイとなるので、iPad の軽快な使い心地とほとんど変わらない。その辺のチューニングが Windows より優れていて、おそらくハードとソフト一体開発の強みなのだろう。

MacBookAir のトラックパッドでクリック、スクロール、スワイプなど指をくねくねして操作すると、まるで“画面に触らなくて良い iPad ”のように感じ、そういう使い方の範囲なら iPad に外付けキーボードを組み合わせたものと MacBookAir とはあまり変わらないなぁと思う。

その一方で、
「じゃあどこに iPad でなく MacBookAir を使う動機があるの」
という自問があり、自答しようとすると非常に希薄で、確かに宝の持ち腐れだなとも思う。Mac OS で原稿書きするためのキラーアプリ、VoodooPad は iOS 版も存在して iPad でも使えるからだ。

もったいないので MacBookAir ならではの使い道がないかと考えてみたら、
「なんのために iPad では使えないマウスが使えるようになってるんだ」
という天からの啓示があったので、そうかと膝を叩きながらマウスで使う製図ソフトを入れてみた。
 仕事で使う Mac には Adobe Creative Cloud で仕事用ツールの最新版が使えるようにしてあるけれど、それらを入れたのでは意味がなくなるので、MacBookAir ではあえて聞いたことのなかったマイナーなソフトだけを使うと決め、趣味と実益を兼ねた遊びと実験の場にしてみた。というわけで、まずは Artboard と iDraw をインストールした。



棲み分け2| 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 本音 棲み分け2 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。