ファイル

 

 生活の中で次々に増える書類整理をコンピュータによる電子化から原始的なクリアポケットファイル形式に戻した。
 昔は高価なクリアポケットファイルを買って書類整理し、暮れの大掃除などで溜まった書類を整理して使い回していたけれど、今ではポケットが32もあるようなA4ファイルが100円ショップで手に入るからだ。買ってきたら、まず32枚のA4コピー用紙をポケットに入れてやる。そうするとファイル自体がしっかりするし、裏表64ポケットに倍増するからだ。それに【投げ込み1】と名をつけて、発生した書類を次々に投げ込んでいく。いっぱいになったら次の【投げ込み2】【投げ込み3】と増やしていくのだけれど、しばらく時間をおいて古いものから見直すと明らかに不要な書類があぶり出されてくるので処分し、残りは新しいファイルに移してクリアポケットファイルを再利用している。

 

 クリアポケットファイルは手に持ってパラパラッと閲覧しやすく、パラパラッのページめくりは緩急自在で、人間の行為として自然なのでストレスを感じない。電子化して無選別で溜め込むと閲覧性が悪いし、性格的な問題もあってかストレスの元となる。なんでもかんでも溜め込むことにまず100円程度の価値を与えてみて、どうしても捨てられない大切なものだけを選別する砂金採りのような整理法だけれど、今はこれが一番気に入っている。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 困る 本音 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。