「出前きつけ」できもの美人に変身(*^-^*)

出張着付やきもの教室の内容をメインに

趣味のアレンジフラワーや愛犬ゴンちゃんとのプライベートな日記など

大阪の労災病院でレスパイト入院、第一号だった主人です。

2019年06月10日 | 主人の病気

レスパイト入院って、看護している人の為の入院なのですが

 

前回も私の都合でレスパイト入院した主人ですが

今回はホームケアドクターの紹介で堺の労災病院でお世話になりました。

急性期の労災病院(大阪)でレスパイト入院は、初めての試みだったそうです(*^^*)


前回の病院ではお願いしてもトロミ食で水も飲みにくかった様ですが

今回の労災では普通食を食べる事が出来て、水やお茶も飲みやすかったようです。


看護師の主任の方が丁寧でなんでも気が付いたことは言って下さいねと

何度も聞いて下さったのは、初めてだったからのようです(*^-^*)

同じ入院患者の方も、労災がレスパイトをするのとビックリされていました。


でも、五日も入院すると…(-_-;)

やっぱり刺激が少ないので反応が悪くなる主人です

土日に剣道関係のお見舞いに来て下さいましたが、申し訳ないなあって(^^;)


でも、家に久しぶりに福永先生がこられましたが

家ではちゃんと分かったので安心しましたわ(*^^*)

 

 


10日の朝、弟と一緒にへ迎えに行った帰り道

大泉公園に行ってゴンと一緒に散歩をすると

少し、変わってきました。

人間って刺激が大事なのだとつくづく思いました。



 

昼食はドッグカフェによって私と弟はパスタ、主人はカレーを食べました。

ワンちゃんがいっぱいで刺激をいっぱいもらいました。


写真写りの悪い主人とゴンです(^^;)

 

 

 



 







 

コメント   この記事についてブログを書く
« 令和元年6月9日の出張着付... | トップ | スタッフさんの留袖テストま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主人の病気」カテゴリの最新記事